2024年 6月 19日 (水)

20代~40代の転職活動、タイパ「重視派」は79.7% タイパ悪いと思う場面に「応募書類作成」「求人選び」「スケジュール調整」...「企業のレスポンスの遅さ」感じる人も

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   タイパ(タイムパフォーマンス)やコスパ(コストパフォーマンス)という言葉もかなり浸透してきているが、こと転職活動の場面でタイパを意識する人はどのくらいいるのだろうか?

   『転職コンシェルジュ』を運営するワークポートが2023年6月28日に発表した「転職活動におけるタイパ意識について」の結果によると、転職先が決まるまでの希望は「3カ月」が41.3%、「1カ月以内」が20.6%となっている。そして、転職活動でタイパを重視したい人は「かなりそう思う」(43.2%)、「ややそう思う」(36.5%)をあわせて79.7%となることがわかった。

   さらに、転職活動でタイパの悪さを感じる場面は、たくさんの中から求人探しすること(62.0%)、面談や面接のスケジュール調整(52.8%)、応募書類作成(46.0%)となり、当然ながら企業側の都合もあって、思うように選考が進まないことが「ストレス」になっている人はかなり多いようだ。

  • 転職先は早く決まってほしい(写真はイメージです)
    転職先は早く決まってほしい(写真はイメージです)
  • 転職先は早く決まってほしい(写真はイメージです)

理想の転職先決定までの期間「3カ月」41.3%、「1カ月以内」20.6%

   この調査は、ワークポートを利用している全国の男女の20代から40代までの転職希望者373人から有効回答を集めた。2023年6月14日から21日までインターネット調査を実施した。

   今回の調査は、転職活動における、費やした時間に対する時間対効果である「タイムパフォーマンス(タイパ)」に注目したものだ。近年、プライベートシーンをはじめとして短い時間で効率よく価値や満足感を得たいとする「タイパ重視」の傾向が広がりつつあるなか、実際にタイパ意識はどこまで広がっているのか、転職活動の場面をピックアップして調査したかたちだ。

(ワークポートの作成)
(ワークポートの作成)

   はじめに、対象者全員(=373)に対して転職活動においてタイパを重視したいかを聞いた。すると結果は、「かなりそう思う」が「43.2%」、「ややそう思う」が「36.5%」で、あわせて「79.7%」の人が転職活動のなかでタイムパフォーマンスを意識している結果になった。

   なお、別の設問ではプライベート生活でのタイパ重視したい人は「63.8%」だったため、転職活動におけるタイパ意識は一段と強いようだ。

   転職活動でタイパを重視すると回答した人に理由を聞くと以下のような意見が上がった。

・現在就業中および育児中で、時間があまり取れないから(40代・男性・製造)
・プライベートの時間を確保するため(30代・女性・建築土木)
・なるべく早く転職活動を終えたいから(30代・女性・事務)
・少しでも早く次のキャリアを築き始めたいから(20代・男性・営業)
・じっくり転職先を探したい反面、転職活動にかけられる時間が限られているから(40代・女性・管理)

   このように、現職や家庭、プライベートと両立するために、転職活動は限られた時間で効率的に転職を進めたいとする意見が多く挙がっている。

(ワークポートの作成)
(ワークポートの作成)

   続いて、「理想の転職活動期間」について質問すると、最多は「3カ月以内」で「41.3%」。次いで、「1カ月以内」は「20.6%」、「半年以内」に転職を決めたい人は「19.8%」だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中