企業のDX推進に欠かせない「社外採用人材」 だが、4割はミスマッチ実感、6割は早期転職の意向も

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   いま、急がれている企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)。ただし、課題はそれを担う人材だ。日本企業のDXを推進する人材は、質、量ともに不足しているといわれる。

   そうしたなか、企業向けクラウドサービスを行うドリーム・アーツ(東京都渋谷区)は2023年6月27日、従業員数1000人以上の企業に所属する従業員730人を対象に「『DX人材の流動性』に関する調査」を発表した。DX人材採用の現状と課題を把握するためにおこなわれたものだ。

   調査によると、「3年以内にDX人材を社外から採用した」のは81.9%。その一方で、41.6%が「DX人材の社外からの採用についてミスマッチ」を感じているという。そのうえ、「3年以内に社外から採用されたDX人材」の60.6%は転職意向を示すなど、課題が浮き彫りになった。

  • DX推進の課題を徹底調査(写真はイメージです)
    DX推進の課題を徹底調査(写真はイメージです)
  • DX推進の課題を徹底調査(写真はイメージです)

「DX人材を十分確保できていない」は83.5%

   この調査は、従業員数1000人以上の大企業に勤めている従業員および経営層で、DXやDX人材の採用に携わる人を対象に、インターネット調査を実施した。効回答数は730人。調査期間は2023年3月9日から13日まで。

   対象の属性は、(1)「DX推進部署に所属する人」では「外部から3年以内に転職してきた人」が132人、「もともと内部にいた人」が200人。(2)「DX推進部署の人材を採用する人」では「経営陣」が100人、「人事」が198人、「DX推進部署」が100人。

図1 DX人材を確保できているか(ドリーム・アーツの作成)
図1 DX人材を確保できているか(ドリーム・アーツの作成)

   調査でははじめに、「現在DX人材を確保できているか」質問した。その結果、「十分確保できている」は「16.4%」に留まった。

   そして、「一部確保できている」は「46.3%」、「あまり確保できていない」は「30.1%」、「全く確保できていない」は「7.1%」となった。これらを合計した「83.5%」について「DX人材を十分確保できていない」と、同社は見ている。

図2 DX人材を社外から採用したか(ドリーム・アーツの作成)
図2 DX人材を社外から採用したか(ドリーム・アーツの作成)

   続いて、DX人材の確保について、「DX人材を3年以内に社外から採用したか?」(n=565)と聞いた結果が、「はい」が「81.9%」だった。

図3 DX人材を採用しにくい理由(ドリーム・アーツの作成)
図3 DX人材を採用しにくい理由(ドリーム・アーツの作成)

   つぎに、DX人材を採用しにくい理由について、採用担当者とDX推進部署の両方に質問した。すると、「自社のDX人材の要件を満たす人材が少ない」との回答が「36.0%」で最多だった。

   次いで、「自社のDX戦略とDX人材の要件が明確でないから」が「28.8%」、「DX人材の報酬が高すぎるから(自社の給与水準と乖離がある)」が「27.8%」続いた。

図4 社外から採用されたDX人材、あなたの役割は?(ドリーム・アーツの作成)
図4 社外から採用されたDX人材、あなたの役割は?(ドリーム・アーツの作成)

   そして、社外からはどのようなDX人材を採用しているか聞いた(n=157)。それによると、「プロジェクトマネージャー」が58人、「ビジネスアーキテクト/エンタープライズアーキテクト」が55人となり、「この2職種だけで全体の7割強を占めた」(ドリーム・アーツ)という。

   どちらも、ビジネス全体を俯瞰して、プロジェクトを推進するリーダーの役割を担う職種。同社は「DXには欠かせない職種」と説明する。

姉妹サイト