2023年8月も食品値上げラッシュ! 乳製品、調味料、冷凍食品...毎日欠かせない必需品ばかり 「値上げ疲れ」家計を襲う「10月の大津波」に戦々恐々

   食品値上げラッシュが止まらない。

   帝国データバンクが2023年7月31日に発表した「『食品主要195社』価格改定動向調査―2023年8月」によると、食品各社が8月に値上げを予定している食品は約1100品目に達し、乳製品や調味料など生活に直結する食品が中心になる。

   値上げ品目数は減少し、ラッシュから「一服」する感があるが、10月には再びピークを迎えるという。当分、「値上げ疲れ」が続きそうだ。

  • 高すぎる食品に買い物をためらう女性(写真はイメージ)
    高すぎる食品に買い物をためらう女性(写真はイメージ)
  • 高すぎる食品に買い物をためらう女性(写真はイメージ)

乳業メーカー「厳しい経営が続く酪農家を支援するため」

   食品各社のプレスリリースによると、8月に値上げされる主な食品は次の通りだ

【乳製品】
●江崎グリコ:BifiX ヨーグルト、ヨーグルト健康、おいしいカスピ海、グリコ牛乳、高原特選牛乳、プッチンプリン、とろーりクリームなど乳製品や菓子、ベビー用食品など合計82品目を約1~18%値上げ。
●明治:明治ブルガリアヨーグルト、明治おいしい牛乳、明治おいしい低脂肪乳、明治特選北海道牛乳など16品目を約1~11%値上げ。
●森永乳業:森永のおいしい牛乳、森永のおいしい高たんぱく高カルシウムなど牛乳類や、ビヒダスプレーンヨーグルトなどヨーグルト類合計15品目を約2~10%値上げ。
●雪印メグミルク:とろけるナチュラルチーズ、北海道練乳、北海道スキムミルク、おいしい雪印メグミルク牛乳など合計88品目を約4~17%値上げ。
【缶詰など】
●マルハニチロ:缶詰商品(サケ・イワシ・ホタテ)・レトルト商品など合計56品を約8~21%値上げ。
【調味料など】
●キッコーマン:料理の素(キッコーマンうちのごはん・デルモンテ洋ごはんつくろなど)36品目、つゆ類(キッコーマン具麺など)7品目、たれ類(すき焼のたれ・焼肉のたれなど)30品目、みりん類(マンジョウ本みりん、キッコーマン料理酒など)24品目、中華調味料(オイスターソース・豆板醤など)5品目など合計105品目を約4~20%値上げ。
●寿がきや食品:SUGAKIYA和風とんこつ鍋つゆ、岐阜タンメン監修塩タンメン鍋つゆなど、つゆ類4品目を約15%値上げ。
●理研ビタミン:リケンのノンオイル青じそなどドレッシング類16品目を11.8%値上げ。
【冷凍食品など】
●はごろもフーズ:素材そのままシーチキンマイルド、シーチキンファンシーなどシーチキン類18品目を約11~15%値上げ。
●井村屋:冷凍食品(井村屋謹製カリーぱん)、冷菓(オーガニックあずきバー)、菓子(和菓子屋のきんつばようかん)、食品(カップおしるこ)など70品目を約2~12%値上げ。

   こういった案配だ。

   なお、乳製品メーカーの中には、「飼料価格の高騰で厳しい経営が続く酪農家を支援するため」と掲げるところもあった。

姉妹サイト