2024年 6月 16日 (日)

イマドキ「家事が趣味の女性と結婚したい」ってアリ? 男性公務員の投稿が大炎上!「ママと結婚しなさい」「家政婦を雇ったら?」...専門家に聞いた(2)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「家事が趣味の女性と結婚したい」。こんな希望を強く持つ婚活中だという男性公務員の投稿が炎上騒ぎになっている。

   男性に家事をする気はなく、自分からお願いして嫌々やってもらうより、最初から「家事大好き」の女性を探したほうが面倒はない、というわけだ。

   女性たちから「家政婦を雇いなさい!」「母親を求めているの?」と嵐のような怒りが巻き起こっている。男性の要望はイマドキ許されない時代錯誤の内容か。専門家に聞いた。

  • 家事が大好きな女性(写真はイメージ)
    家事が大好きな女性(写真はイメージ)
  • 家事が大好きな女性(写真はイメージ)

「コツコツ愛情を込めて家事をすると、自分への愛着につながり、人生の質が向上する」

   <イマドキ「家事が趣味の女性と結婚したい」ってアリ? 男性公務員の投稿が大炎上!「ママと結婚しなさい」「家政婦を雇ったら?」...専門家に聞いた(1)>の続きです。

――論争の背景には、家事をめぐる女性と男性の考え方の違いや、働く女性にとっての家事負担の問題がありますが、川上さんが研究顧問を務める働く本音を調べる『しゅふJOB総研』で、今回のテーマに即した調査を行なったことがありますか。

川上敬太郎さん「仕事と家庭の両立を希望する主婦・主夫層に、『あなたは、家事が好きですか』と尋ねたところ、『好き』と『嫌い』がともに28.5%、『好きでも嫌いでもない』が43.0%でした。好き嫌いが見事に半々でした。

家事の『手抜き』ってどう思う?

また、全体の中で『とても好き』と回答した人は4.5%でした。投稿者さんがイメージされている『家事が趣味の女性』は、ひょっとすると、この4.5%の中にいるのかもしれません。比率としてはかなり少なそうではありますが、世の中に1人もいない、というわけでもなさそうです。
フリーコメントを見ると、『専業主婦なので、手抜きをすると後ろめたい気持ちになるし、夫からも手抜きと言われてしまう』と、多くの女性が家事にプレッシャーを感じています。
ただ、たった1人ですが、『家事の手抜きを批判はしませんが、マイペースにコツコツ愛情を込めて為すことは、自分への愛着につながり、人生の質が向上し、満足度は高くなると思っております』とコメントした人がいました。こういう方にとって、家事は『趣味以上』なのかもしれませんね」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中