2024年 6月 19日 (水)

転機は「会社で初めて悔し涙した日」~業績より、育成にこだわった上司に感謝【部下の心を動かした『胸アツ』エピソード「1」後編】(前川孝雄)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「前川孝雄の『上司力(R)』トレーニング~部下の心を動かした『胸アツ』エピソード」では、実際にあった感動的な現場エピソードを取り上げ、「上司力(R)」を発揮する方法について解説していきます。

   今回の「エピソード1」では、「転機は『会社で初めて悔し涙した日』~業績より、育成にこだわった上司に感謝」というエピソードを取り上げます。

監査法人に決算数字の説明ができない?!

   <転機は「会社で初めて悔し涙した日」~業績より、育成にこだわった上司に感謝【部下の心を動かした『胸アツ』エピソード「1」前編】(前川孝雄)>の続きです。

   未経験の経理職へと転身を果たした木村さんは、厳しくも温かい上司の大島さんに導かれて、みるみる成長していきます。しかし、さらなる試練が待っていました。

   木村さんは、入社3年目で早くも現場リーダーに抜擢されます。決算全体を統括したうえで、監査法人のレビュー対応を任されたのです。自信をつけつつあった木村さん。経理実務は難なくできるようになっているので、自分で入れた数字のことはすべて説明できるはずだと確信していました。

   ところが、いざ臨んでみると...決算説明の一部を、監査法人になかなか納得してもらえません。先方からの専門的な質問に懸命にメールで答えるも、解決どころかどんどん突っ込まれる始末。メールも長文になり、やりとりは長期化していきます。

   監査法人のレビューは、会社の決算数字がすべて固まった時点で受けるもの。もし、数字に修正を要するなら、上場企業としては一大事。木村さんは焦りはじめます。メールでのやりとりを何往復もし、電話やオンライン会議でも直接話して説明したり...。

   「そんなに難しいことではないはずだ」と自分に言い聞かせながらも、焦る気持ちばかりが膨らみます。ついには監査法人側の上層部が登場してくる事態に。

   さすがに上長に相談しないとまずいと思った木村さんは、取締役になっていた大島さんのところへ慌てて相談に行きます。時間は夜の9時。緊急のオンライン会議が開かれました。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中