2018年 7月 19日 (木)

野々村竜太郎氏

印刷

政務活動費をめぐる詐欺などの罪で在宅起訴された元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)の初公判が2016年1月26日、神戸地裁であり、起訴内容を否認して争う構えを示した。公判中には「記憶にございません」といった言葉を約90回にわたって繰り返し、「記憶障害」の可能性があるとの診断を受けたと主張。「味方」であるはずの弁護側からの基礎的な質問に満足に応えられない場面も多かった(画像は野々村被告公式ブログのスクリーンショット)。

まとめ一覧に戻る
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中