2021年 2月 25日 (木)

ブロッコリーゆでたら油が出た 農薬や汚れじゃない「鮮度の良さの証」食べてよし

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
「ブロッコリーを茹(ゆ)でた後のお湯に油膜があって驚いた経験はありませんか?」

   農業法人・安井ファーム(石川県白山市)がツイッターに2021年1月27日、こう投稿した。ブロッコリーのゆで汁画像もある。濁っているが、これは「農薬」や「灰汁(あく)」、鍋に残っている「油汚れ」の影響ではないという。安井ファームに、話を聞いた。

  • 油膜が出ているブロッコリーの茹で汁(安井ファーム提供)
    油膜が出ているブロッコリーの茹で汁(安井ファーム提供)
  • ブロッコリーが乾燥や雨、細菌などから身を守るための「ブルーム」(安井ファーム提供)
    ブロッコリーが乾燥や雨、細菌などから身を守るための「ブルーム」(安井ファーム提供)
  • 油膜が出ているブロッコリーの茹で汁(安井ファーム提供)
  • ブロッコリーが乾燥や雨、細菌などから身を守るための「ブルーム」(安井ファーム提供)

必ずしもお目にかかれるわけではない

「油膜の正体は『ブルーム』と呼ばれるブロッコリーの天然由来のロウ(蝋)成分。食べても問題ございませんので、茹で汁もスープや雑炊などにご活用いただければ」

   安井ファームのツイート全文だ。同社広報に取材すると、さらに詳しく説明してくれた。ブルーム(果粉)は、ブロッコリーが乾燥や雨、細菌などから身を守るための「植物本来のチカラ」だ。例えば「きゅうりの白い粉、ぶどうの皮の白い粉、リンゴ表面のツルツルもみんなブルーム」だという。

   広報によると、「ブロッコリーをゆでた直後、もしくは少し放置していると油膜が出てくる」そう。J-CASTトレンド記者はスーパーでブロッコリーを手に入れ、ゆでてみた。しかし1時間ほど置いても油膜は出てこない...。広報に尋ねると「油膜が出るのは、鮮度の良さの証でもあります」と答えがあった。必ずしもお目にかかれるものではないようだ。

油膜なしのブロッコリーの茹で汁
油膜なしのブロッコリーの茹で汁
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!