2021年 12月 4日 (土)

新型コロナ「飲み薬」そろってきた リスク「9割減」の新薬、価格が課題

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   新型コロナウイルス対策で「ゲームチェンジャー」が出現した。米ファイザー社の飲み薬「パクスロビド」だ。死亡や入院のリスクが9割も減少するという。長引くコロナ対策で「切り札」になるのではないかと期待を集めている。先行する米メルク社の「モルヌピラビル」も英国で承認を受けたばかり。コロナの飲み薬を巡る動き気が活気づいている。

  • 新型コロナウイルスに有効な飲み薬の登場が待たれる(写真はイメージ)
    新型コロナウイルスに有効な飲み薬の登場が待たれる(写真はイメージ)
  • 新型コロナウイルスに有効な飲み薬の登場が待たれる(写真はイメージ)

発症後3日以内の患者に投与

   日経新聞によると、米製薬大手ファイザーは2021年11月5日、開発中の新型コロナウイルス向け飲み薬「パクスロビド」のデータを公表した。発症後3日以内の患者に投与したところ、投与していないグループに比べて入院・死亡リスクが89%も減ったという。早ければ年内に米国で投与が始まる可能性があるそうだ。

   ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は「パンデミックを食い止めるための取り組みにおいてゲームチェンジャーとなる」と語っている。

   コロナの飲み薬では、米メルク社の「モルヌピラビル」がやや先行している。こちらは、発症後5日以内に投与した場合、入院・死亡リスクを約50%減らせるという。11月4日に英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)から承認を得ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!