「今の若い人は手加減を知らない」時津風部屋・集団リンチ死事件

印刷

   「キーワードは『かわいがり』です」(小木逸平アナ)

師匠自身がやれば、周りも右へならえする

   名横綱と呼ばれた双葉山がつくった名門・時津風部屋で起きた序ノ口力士の急死事件をトップニュースで取り上げた。

   事件が起きたのは、名古屋場所を控えた今年6月25日から26日にかけて。当初は、斉藤俊さん(当時17)=しこ名・時太山=が愛知県犬山市のけいこ場で、ぶつかりけいこ中に急死したという話だった。師匠の時津風親方(元小結・双津竜)も初めは「私が大事な子供を死なせるようなことはありません」と語っていたのだった。

   状況がガラリ変わったのは、斉藤さんの遺体が遺族のもとへ搬送されてから。初め同部屋では遺体を火葬にして返す意向だったようだが、遺族が待ったをかけた。そして送られてきた遺体を見て仰天したという。

   棒で殴られたような傷跡が、目、鼻、口、腕など体中いたるところに。父親は「親方が言うように通常のけいこでこんな傷ができるのか?」と疑問を持った。

   行政解剖の結果、長時間かけて、繰り返し暴行を受け血圧が低下、もとに戻らずに死にいたる「多発性外傷によるショック死」とわかった。

   結局、愛知県警の調べで、逃げ出そうとした斉藤さんに腹を立てた親方がまずビール瓶で斉藤さんの額を殴り、そのあと、兄弟子たちが数人がかりで数十分間にわたり暴行を加えたことがわかった。その際、親方が「かわいがってやれ」と暴行を指示していたことも判明している。

   ジャーナリストの鳥越俊太郎は「明らかに親方が指示した傷害致死事件ですよ。『かわいがり』は昔からあったのでしょうが、今の若い人は手加減を知らないから」。元関取の龍虎も「師匠自身がやれば、周りも右へならえする、一番危険ですよ」と。

   閉鎖社会の上、何かが起きれば隠ぺい。人命まで奪う相撲部屋の実態が分かれば子供を相撲取りにしたいなどと思う親はいなくなるだろう。

   今日午後には日本相撲協会の定例理事会、師匠会が予定されている。斉藤さんの遺族の正式会見もある。朝青龍以上の角界の非常事態なのに、協会の対応は遅すぎる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中