2018年 7月 23日 (月)

女王様・沢尻エリカ、観客の前でも笑顔なし

印刷

   映画「クローズド・ノート」公開初日(9月29日)の舞台挨拶で、主演の沢尻エリカが"女王様キャラ"全開! 発言はたった3言で3秒、笑顔まったくナシ。これを聞いた和田アキ子が「なにが女王様なの? こういうことなら今後、締めるからさぁ」と言ったとか言わないとか。

司会者は苦労してましたね

   金髪ウイッグにヒョウ柄のドレスはいいのだが、発言は「みなさん今日は、どうもありがとうございました」、思い出は?などの質問にも「とくにないです」「別に‥‥」とだけ。まさに、嫌々出てきたという感じだ。

   「いやーすごいですね。そういう役のコントに見える」と加藤浩次がびっくり。

   しかし、テリー伊藤は例によって少し違う。「不器用な面もある。一番最後まで残って、主演女優として撮影現場を盛り上げようとするタイプ。自分は作品の中で評価されればいいと。外国のスターなんてそうでしょ。こういう女優さんが出てくることはいいことだ」という。

   しかし勝谷誠彦は「だれかが、差別化をはかってこの線で行くときめたんでしょ。初めからこうだったら、こんなヤツ使わないよ。だけどインタビューじゃなくて、お客さん来てるんだ。そういうこと、ちゃんと教えなくちゃだめだ」と。

   まったくだ。金払って見にきた客こそ、いい面の皮。これを先に見てたら、映画見に行く気にならないだろう。外国のどんな大スターだって、こんなバカはしないよ、テリーさん。

   加藤は「あそこまでできたら楽だろうなぁ~」

   テリーはなお「スーパースターが現れるときは、こんなもの」などと援護射撃していたが、勝谷は「子どもだろ。だから、しつけなきゃいけないんだよ」。

   加藤が「司会者は苦労してましたね」というのに、この日が「スッキリ!」初日の葉山エレーヌが「勉強になります」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中