2018年 7月 19日 (木)

あなたのペットずたずたにされる!? 獣医ネット検索の落とし穴

印刷

   ひどい獣医がいたもんだ。

悪意がある

   ・時間外の診療は6万1800円
   ・猫の骨折治療を頼んだのに、骨折はそのままに皮膚をぬっただけで、30万円
   ・リスの手術を頼んだら、明らかに違うリス。「手術の跡がないじゃないか」といったら、30分待たされて、腹を切って縫い合わせたリスをもってきた、まだ血がたれていた。
   ・検査入院だった。帰ってHPを見たら、ひどい評判だったので、あわてて戻ったら、もはや段ボールの中で血塗れ。「肺炎による心不全」だと。他の病院で解剖したら、気管にビニールが詰まっていた。むりやり飲み込ませて、切開手術で発見したというシナリオだった?

   とまあ、こんなことだ。多摩センター動物病院の鳥吉英伸院長。わずか4年のあいだに100件ものトラブルをおこし、そのうち5人が損害賠償を訴えた裁判の控訴審で東京高裁はきのう(25日)、被告の控訴を棄却。1審東京地裁の「316万円」の判決を支持した。勝った原告の1人は「あとは、獣医免許の取り消しですね」という。

   1審判決は、(1)必要のない手術をして治療費を取ろうとした詐欺行為(2)計画的・常習的(3)獣医師の社会的信頼を裏切るもの――と認定している。

   2審はこれを確認したわけだが、そのうえまた刑事事件にもなっているのだという。10月にやはりトラブルになった客に対する2件の暴行で起訴されていて、いまは東京拘置所にいるのだそうだ。どうにもこうにも、医者の風上にも置けない男であるのは間違いない。

   しかし、獣医師の免許剥奪は簡単ではない。裁判で罰金以上の刑や重大な背反、不正行為などが明らかになった場合、獣医事審議会が審議して農水相に答申する。内容は業務停止、免許停止だが、どこまでいけるか。いずれにしても判決が確定しないといけない。

   なぜそんなところへいったの?とだれもが思う。問題は「深夜だ」とレポーターの高村智庸はいう。普通の病院は閉まっているので、ネットで調べると、多摩センター動物病院が上の方に出てくる。「ホテル、美容室もある」なんて出ているので‥‥というのが多いという。「少し下の方に、この病院への苦情も出てるんですがね」

   鳥越俊太郎は、「この場合は悪意があると思う。獣医免許の剥奪しかないね」

   萩谷麻衣子は、「上告しても、すでに裁判所が事実を認定してますから、この時点で免許の問題を考えた方がいい」とまでいう。

   山本博は「動物に対する愛情が感じられないね」

   ものいわぬペットに不必要なメスを入れられたり、殺された被害にあった人たちは、収まらないだろう。診療しているところを飼い主に見せようとしない医師を信用してはいけない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中