2018年 7月 22日 (日)

下手くそ榮倉奈々と達者な面々

印刷

   NHKの新しい朝ドラ「瞳」。北海道からダンサーを目指し、榮倉奈々演じる主人公が上京する。西田敏行演じる祖父のもとに身を寄せるんだけど、祖父は里親として子供を受け入れている。

   感じとしては、NHKっぽくないドラマだ。民放っぽいというか、これまでの朝ドラの殻を破るのでは、という期待が持てる。

   榮倉は、まだ特に印象は残らない。周りに達者な役者がそろっていることもあり、まだまだ下手くそだな、という感じ。西田ビンコウは、演技はともかくファッションがちょっと暑苦しい。長髪でバンダナ姿という某著名数学者のような風貌なんだ。この格好はおやめになった方がよろしいのでは、と言いたい。

   キャスティングはワキをしっかり固めている。西田のほか、菅井きんや木の実ナナ、前田吟たちだ。下町の人情を基盤に描こうとしているみたいで、「ご近所」の前田と西田がやりとりするところなんてとても面白い。やっぱりうまいね。

   でも、西田主演の映画「釣りバカ日誌」と、前田が寅さんの妹の夫役を長年演じた映画「男はつらいよ」がダブッて来る感じがしないでもない。それはそれで楽しい。  

      釣りバカと 寅さんを見る ぜいたくさ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中