前田健 知らない人から「知った顔されたくない」

印刷

   松浦亜弥のモノマネで知られる、ものまねタレントの前田健が2008年10月9日のブログで、自身のブログに自分の行動を書かないのは知った顔されたくないからだ、との考えを綴っている。

   たとえばの話として、次のように言う。ナポリタンを食べたことをブログに書いて、全く知らない人から「昨日はナポリタンおいしかったですか?」と聞かれたら気持ち悪いでしょ、と。また、あるタレントが長期間別の場所にいることを日記に書いたところ、自宅が空き巣に入られた、という話も聞く。

   さらに、芸能界の友達が多いことをアピールしているようで気が引けるともいう。中には、掲載された写真の風景から場所や店を特定される、ということもあるらしく、「もう探偵なみだね。(笑)」とまいっている風だった。

   そんな中、この記事に対してネット上では、「じゃあブログ辞めろよ」「じゃあ載せるなって話だ」「テレビ出るのやめれば」といった厳しい意見が噴出した。ブログのコメント欄にも多数の意見が寄せられたという。

   これらを受けて前田健は、翌10日の記事で、「前に投稿した記事でだいぶいろんな意見いただいて反省した部分もあります」と、補足している。

   前田健は自身が芸能の仕事をしていることを理由に、「顔の見えない人たちにプライベートを知られて怪我をする怖さは拭えない」と胸のうちを明かす。そして、「芸能人も普通の人間なんだよって言うブログもあっていいと思います」と考えているようだ。

「好意を持って読んでくれている人をバカにするつもりもないですし、ただ中には心ない人もいるから具体的なことは明け透けに何でも書けません、という話でした」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中