ノーベル賞って本当にすごいの?

印刷

   <今週のワイドショー通信簿(上)>2008年のノーベル賞は、物理学賞と化学賞で日本人研究者の受賞が相次いだ。

   朝ズバ通信簿は「ノーベル賞の1億円超 『たいした額じゃない』~」(2008年10月8日)、「~バラバラの『大発見』報道 正しいのはこの新聞」(10月9日)、とくダネ通信簿は「『国語苦手』で論理的に考えられる?~」(10月8日)、「~『優秀な先生方』はなぜ米国へ?」(10月9日)で紹介した。

   朝ズバ通信簿の「ノーベル賞の1億円超~」では、賞金の1000万スウェーデンクローナが、円相場次第で数千万円も変わることを伝えた。また、司会のみのもんたが「たいした額じゃない」とつぶやいたことにも触れた。

   また、J-CASTニュース「『ノーベル物理学賞日本人3人が独占』 欧米では『米国人1人、日本人2人』」(10月8日)では、受賞者の国籍を巡る問題を取り上げた。

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中