2018年 7月 17日 (火)

「ポスト草なぎ」地デジカ(鹿) その誕生とフジテレビの関係

印刷

   <テレビウォッチ>昨日(4月27日)、お披露目となった地デジ宣伝用の新キャラクター「地デジカ」がスタジオにやってきた。鳩山総務相が『最低の』草なぎ剛の代役として大いなる希望、期待を寄せるなど、注目される存在だ。

じつは…

   「まだ生まれたばかりなので……」。ぎこちない動きを見せる地デジカを笠井信輔アナがフォローする。だが、地デジ放送がはじまった2003年に誕生したとの説もある。身長も1mとされるが、実際にはテレビアンテナの角も合わせて2mを超えそうだ。

   性別不明の彼/彼女は民放連が制作したもの。笠井によれば、「じつはフジテレビがデザインを担当した」という。いわゆる「ゆるキャラ」の位置づけで、先輩である「せんとくん」に会いたいと切望しているそうな。

   「人気が出そうですよね、うん」。中野美奈子アナのとってつけたようなシメの笑顔に送り出されて、地デジカはスタジオから退場していく。酒を飲んでいたわけでもないだろうが、少々おぼつかない足取りではあった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中