志村けん、稽古で気づく 「喜んで慰めて褒めてくれる人」が必要

印刷

   <テレビウオッチ>タレントの志村けんが、2009年7月4日から始まる舞台「志村魂4」の稽古に励んでいると7月1日のブログで報告している。

   稽古は「順調」に進んでいる。だが、志村ほどの長い芸歴をもってしても「なんでしょう、いつもそうですが、襲ってくる不安」と、舞台の出来を案じる気持ちは隠せない様子。稽古はスタッフの前で何回も演じるため、慣れてしまうからか「笑いも反応も薄くなり」、志村でさえ「良い結果」と「お客様の良い反応」があるまで不安になることがあるという。

   その「不安」をかき消し、「自信」を持つために「日々、新しいもの、確固たるものを求めて」繰り返す稽古。「少しでもお客様に喜んでもらうため、皆で喜びを共有するため、頑張ってます」とし、「初日、期待してください」とつづる。だが志村自身の体調は「いまいち」とのことで、「やはり必要ですね、喜んで慰めて褒めてくれる人が」とつぶやくように記事を結んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中