「麻薬起訴」押尾学の女性放置 「『罪問われない』納得いかない」

印刷

   <テレビウォッチ>MDMAを使用したとして逮捕された俳優の押尾学(31)。東京地検は8月24日、押尾容疑者を麻薬取締法違反(使用)の罪で起訴した。

空白部分が

   一方、一緒にいた女性(30)の異状に押尾容疑者が気付いた後、知人が119番通報するまでの空白の3時間についてはナゾが残ったまま。

   東京地検の幹部は「女性が亡くなったのは事実。だが、死因が特定されていないため現段階では何も言えない」と捜査継続の含みを残しながらも、警視庁は立件を見送る見通しという。

   取材した高村智康リポーターは「なんですぐ通報しなかったか。助かっていたかもしれない。保護責任者遺棄の立件を見送るというのは、どうしても納得いかない」と疑問を呈した。

   この空白の3時間は、押尾容疑者の供述によると……

   「女性が(MDMA)2錠を飲んだところでけいれんを起こした。手にけいれんがおきたり、歯をくいしばった状態になった」「心臓マッサージをしたり人工呼吸もした」

   で、回復しないために呼んだのは救急車ではなく、マネージャーだった。

    「マネージャーからそこから離れたほうがいいといわれ上の部屋に行った。怖くなって部屋を出た」

   コメンテーターの大澤孝征弁護士は「自分も一緒に薬を飲んで女性がおかしくなったわけだから、その限りにおいて保護責任が生じ、刑法(保護責任者遺棄等)の条文そのものに当たるとみるのが常識。

   ただ、どうせ立件する以上、死亡との因果関係を明らかにしたいというのが本音なのでは……」。

   逃げてしまった押尾容疑者の卑怯な行為については、女性の見る目は厳しい。

   経済ジャーナリストの荻原博子は「119番もせずに放置したまま自分は逃げてしまう。いつもデカイ口たたいて虚勢を張っているのに、いざとなったササーッと逃げるエリマキトカゲみたいな男ですよ」。

   キャスターの赤江は「この空白部分が問われないのはほんとに納得いかないですね~」と、矛先を捜査当局へ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中