「首相公邸に幽霊が出る」 「足音」という幽霊が…

印刷

   <テレビウォッチ>テレ朝コメンテーターの三反園訓が解説する『永田町トレビア』は、季節外れの幽霊の話題で始まった。

「永田町に幽霊がでるとすれば何処と思います?」という三反園の問いに作家の落合恵子が「怨念とかで、そこら中から出そうな気がしますわね~」。

   幽霊が出るのは総理大臣公邸。関係者によると、旧公邸と同様2005年に改築されまだ4年の新しい公邸でも「なんとなく出る感じ」なのだという。

   で、どんな幽霊がでるのか気になるところだが、もっともらしいのは、陸軍の青年将校らが反乱を起こし重臣たちを殺傷した2・26事件などの兵隊の足音という説。

   いらい歴代首相は住むことはなかったが、佐藤首相から治安面から住むようになり、首相のなかには実際に幽霊を感じてお祓いした人も……

   各部屋でお香をたいていたというのは細川元首相。羽田元首相は日枝神社でお清めしてもらったほか、家族が公邸周辺に塩をまいた。また、森・小泉両元首相も足音を聞いており、後でお祓いをしてもらったという。

   『幽霊の正体見たり枯れ尾花』というたとえもあるように、出るゾといわれて気の迷いから幽霊を感じたのか、それとも不安定な政権からつい気弱になって幻想を??

   近じか鳩山首相も首相公邸に住むことになっている。さて、どんな幽霊に遭遇するのか……

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中