厚化粧 笑う亭主は 薄毛症…うまい!厳選「シルバー川柳」

印刷

   司会のみのもんたが力を入れる木曜恒例のズバ斬り川柳。今日(2010年10月28日)のテーマは「シルバー川柳」。(社)全国有料老人ホーム協会などに寄せられた作品の中から、「朝ズバッ!」で厳選して紹介したが、核家族化が進み生活を共にしていないためか、息子や娘の話題がないのが寂しい。

「熟年夫婦編」と「老後の嘆き編」

   スタジオで大受けだった『熟年夫婦編』

年金全部あげちゃう
「口づけも 入歯ガクガク 老いの恋」(79歳男性)
「その昔 惚れた顔かと? 目をこすり」(76歳女性)
「あの世では お友達よ と妻が言い」(64歳男性)
「厚化粧 笑う亭主は 薄毛症」(58歳男性)
「マイケルの 真似を発作と 間違われ」(47歳男性)

   次に『老後の嘆き編』

「脳みそに 移し変えたい 顔のしわ」(65歳男性)
「その昔 恐竜見たかと 問う曾孫」(55歳女性)

   応募作品の中からみのが選んだ『みのもんた賞』は、102歳になる飯田富子作の「入歯抜け 孫の茶碗へ ホールイン」

   7歳の孫の健志作「おばあちゃん まだまだ元気で いてほしい」

   この孫の作品にみのが、「こんなことお孫さんに言われたら、年金を全部孫にあげてしまいますよ。でも、おじいちゃんはどんな気持ちでこれを聞いたんでしょうね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中