ドジャース黒田博樹が明かす 「広島にマンション」の真相

印刷

   MLBロサンゼルス・ドジャースの黒田博樹投手が11月17日(2010年)、およそ1か月半ぶりに更新したブログで、来季もメジャーリーグでプレーすることを報告した。

   FAとなった日米通算120勝の右腕には、古巣の広島カープも獲得に参戦。スポーツ紙では黒田が広島にマンションを購入したとの噂も飛び交って、日本球界復帰かと囁かれていた。だが、本人は「マンションを購入した事実はないですし、たくさんの方にご迷惑をかけてしまったことを非常に残念に思います」とし、ファンに向けては期待をもたせてしまったことを詫びている。

   ところで今回の決断、誠意を持って交渉に動いてくれたカープと、もう一度世界一を目指したいという自分の気持ちの間で揺れ動いていた――。日本球界復帰となればカープ入りは当然で球団が一番に手を挙げてくれたことに感謝する一方で、今シーズン、やっと自分のイメージに近いピッチングができつつあった。「野球人としてもう一度トライしてみたいという気持ちが強くなり、今回の決断となりました」とその胸の内を語っている。

   ドジャースとは1年契約に落ち着いた。本人にいわせれば、1年で区切った方が、メンタル面でもパフォーマンスの面でも「いいものを出せるんじゃないかな」と決断。来季の結果がどうであれ、野球人生をかけて1年間投げ抜きたいと意気込んでいる。悔いのない1年を戦い続けたいという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中