2019年 6月 19日 (水)

樹木希林「自分守って、夫を奈落に突き落とすことはできません」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ロック歌手の内田裕也(71) がつき合っていた女性に復縁を迫った強要未遂などで逮捕された。妻の樹木希林(68)は自宅前に集まっていた記者たちを自宅に招き入れ、心境を語った。

「好きだった人がスチュワーデス。好きですねスチュワーデスが。私としてはありがたかった。表に出て。だけど遅かったな。もっと何十年も前に起きてておかしくない」

   内田さん女性宅のマンションのカギを替えるなどまめなことだったが、樹木は「何をしたの? はー、そんなことするんですか。家の電気も取り替えられないのに」

「あのすさまじさ私も持ってる」

   2人が結婚したのは1973年、33歳と30歳だった。会見で葉巻を吹かす希林にみな驚いた。

独特のご夫婦関係
「自分に合った人が出会うわけで、あのすさまじさは内田さんだけじゃありません、 私も持ってるわけですから」

   結婚後すぐに別居。理由は暴力だった。

「30代前半、結婚したての頃、すごかったですね。毎晩、家の中めちゃくちゃ。包丁はどのくらい買いにいったかわからない。金物屋は『どうしてこんなに包丁が壊れるんですか』って」

   希林も負けていなかったらしい。「黒いベークライトの電話、あれでがちんと血が出たことがある。私がやってね」

   79年、内田は無断で離婚手続き。このとき樹木希林は「いままでちゃんとした生活してない。結婚もしていないのに離婚なんておこがましいと」といった。35歳。内田は「そっとしておいてほしい。オレのグッドラックを祈ってほしい」「おれはロックンローラー」が口癖だった。で、離婚せず。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中