日テレ・西尾アナ8月末退社 「24時間テレビが最後の仕事」

印刷

   日本テレビは西尾由佳里アナウンサーが8月末日(2011年)で退社すると発表した。西尾アナは8月20日、21日に放映される「24時間テレビ34『愛は地球を救う』」(日本テレビ系)で、3月にやはり日テレを退社した羽鳥慎一アナウンサーとともに総合司会を務めることが決まっており、これが局アナとしては最後の仕事になるという。

   西尾アナは2001年に日テレ入社。05年から「24時間テレビ」の司会を担当している。今年3月に終了した朝の情報番組「ズームイン!!SUPER」でもキャスターを務め、羽鳥とともに朝の顔として親しまれた。

   西尾アナは「入社してから丸10年という区切りを迎えたのを機に今、新たな一歩を踏み出してみたい」と語り、今後については「これから自分に何ができるのか、新しい可能性を模索していきたいと思っております」としている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中