立川活断層地震で小河内ダム決壊!多摩川駆け下る濁流

印刷

   東日本大震災以降、地震の起きる確率が高まったとされる活断層が政府から発表されているが、そのなかで「都心にもっとも近い」のが立川断層。わりと人口密度が高い地域の下を走っている箇所もあるこの断層が動けば、最大震度7、死者6000人超の被害が想定されているという。

   さらに、この地震には知られざる危険もあるという。防災評論家の大山輝氏によると、奥多摩の小河内ダムが決壊するおそれがある。「ダム決壊っていうのも、あるんですねえ」と、番組司会の羽鳥慎一も少々、意外な様子である。

東京大田区も水没

   小河内ダムは1957年に完成。高さ150m、2億トン近い貯水量がある巨大ダムだ。満水時にダムが決壊すると、「濁流が多摩川の源流に近い渓谷を一気に流れ下って」いき、東京大田区でも、腰の高さまで水が来るという。

決壊あるンですねえ

   一方、ダムを管理する東京都水道局は番組の取材に対して、2005年以降、ダムの耐震対策を行っており、あらゆる大規模地震に対応できると回答したという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中