2019年 2月 24日 (日)

「堺さん、加藤さんこれから地獄をみる」年の差婚でみのもんた力説

印刷

   年の離れた結婚にはどんなメリットがあるのか。堺正章や加藤茶が相次いで若い女性と結婚したことから、話題の言葉を解説する「けさ単!」コーナーで「年の差婚」取り上げた。

女性に3つのメリット

   解説の井上貴博アナによれば、「年の差婚とは一般的には10歳以上年が離れたカップル」のこと。井上が司会のみのもんたに聞く。

許せないね
「みのさん。若いころ、夫婦の年齢差はどれぐらいと思っていましたか」

   みの「両親を見ていると、男性が7歳くらい上かなと思っていた」

   今回の年の差、それどころではない。井上が示した一覧表によると、堺正章(65)が22歳の差、加藤茶(68)が45歳の差。過去の例をみると、山本文郎(73)が30歳、三田村邦彦(56)が26歳、石田純一(55歳)が21歳。松本人志(45)が19歳差と続く。女性が上の場合は大地真央(51)が12歳差。「【年の差婚】の正体」という本を書いた明治大学の諸富祥彦教授は、「堺、加藤さんの2人の結婚で社会的承認が得られ、ますます増えるだろう」とみている。

   男性が年上のメリットを上げると(1)経済的安定性。同世代より給料が高い(2)精神的安心感。同世代は頼りない(3)婚活による恋愛事情の変化。早く結婚したいので年の差は気にならない。こういったことが背景にあるのだという。

   逆に妻が年上のケースは、働く女性が増えて、パートナーに癒しや尊重されることを求め、年下の夫を希望するのだそうだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中