「地デジ未対応」20代、30代高く「テレビ離れ」

印刷

   地デジ対応をまだしていない視聴者は2・1%――。時事通信が実施した世論調査によると、地デジへの切り替えがもっとも進んでいるのは70歳以上で、未対応は1・2%だったが、20代では3・6%、30代で3・5%と高いことがわかった。高齢者の未対応はテレビの買い替えの費用が足りないなどの経済的な理由が考えられるが、20代、30代は経済的な理由に加えて「地デジ化をきっかけにテレビを見るのをやめた」「インターネットで十分」などの理由が考えられる。J-CASTの「TVワンクリック」欄で「地上デジタル化どこまでやった?」という質問に対して、3割が「テレビやめた」と回答している。

   地域別の地デジ未対応率は、東日本大震災の被害が大きかった東北が高く、次いで阪神、関東、中国となっていて、若者の多い都市部ほど切り替えが進んでいない。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中