「南極大陸」初回22・2%好スタート キムタク人気か芦田愛菜かタロ・ジロか

印刷

   鳴り物入りのTBS開局60周年記念ドラマ「南極大陸」(日曜よる9時)の初回視聴率は、関東地区22・2%、関西地区20・1%(ビデオリサーチ調べ)と、予想通りの好スタートとなった。主演が木村拓哉というキャスティングもあるが、舞台は南極で、共演者に綾瀬はるか、香川照之、堺雅人、仲間由紀恵、芦田愛菜と目下の人気者を並べ、隠れた主役がタロ、ジロら樺太犬ということも大きいのだろう。

   2回以降は撮影に半年間かけた南極のシーンが中心になっていくわけだが、後半は置き去りにされる樺太犬と再会・救出というヤマ場が見えているだけに、映画「南極物語」とどう描き方を変えるか。見どころのひとつだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中