紅白歌合戦に「東北枠」?出身の西田敏行、千昌夫20年ぶり出場

印刷

   今年のNHK「紅白歌合戦」に福島県・郡山出身の西田敏行と岩手・陸前高田出身の千昌夫の出演が内定したと、「デイリースポーツ」と「スポーツニッポン」が伝えた。2人が出場となれば、西田は21年ぶり、千は22年ぶりで、それぞれ「もしもピアノが弾けたなら」「北国の春」を歌うという。

   NHK紅白の今年のテーマは「あしたを歌おう」で、東北出身で、東日本大震災以降、支援活動やチャリティーイベントに参加してきた2人をふさわしいと判断した模様。紅白の「東北枠」は白組と紅組合わせて4~6人ありそうで、紅組は誰が選ばれるのか…。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中