大相撲八百長から1年…追放力士「食っていけない辛い現実」

印刷

   「もう少し、ちゃんと調べて欲しかった。自分の言い分はひと言も聞いてもらえなかった」と、現在はスポーツジムのインストラクターをしている元谷川親方は今でも悔しさを滲ませた。大相撲の八百長問題発覚から来月(2012年2月)で1年が経つ。問題発覚で現役力士と親方合わせて25人が引退、事実上の追放処分を受けた。本当に八百長相撲はなくなったのか。「とくダネ!」が追放された力士たちのその後を追った。

25人のうち9人が行方不明

   最初に捜したのは八百長相撲の黒幕の一人とされた竹縄親方。出身地の千葉県の実家周辺で聞き込みを始めると、近所の人は「最近は姿を見ていない」「あれから姿を現さない」など言う。実家に戻っていないらしい。実家の商店も休業状態で、呼び掛けても何の反応もない。横野レイコリポーターは「今回の取材で、引退した25人のうち9人の行方が分かりませんでした」と伝えた。

身を隠せない

   角界からの転職はいかに困難か。八百長をしたとされた元清瀬海は、国技館のある東京・両国の隣町の錦糸町でスナックを経営しながら、「自分はやっていない」と今でも八百長疑惑を否定した。角界一の巨漢だった山本山は「力士時代は相撲を取っていれば月収は100万円ぐらいあった。今、同じ金額を稼ごうとすれば死に物狂いで働かなくてはならない。それでも同じ金額は手に入らない」と現実の厳しさを話した。

介護士やボランティア活動に転身組

 

   メインキャスターの小倉智昭は「身を隠すといっても、身体が大きいからすぐにばれるでしょう。どこかに隠れて暮らすというのは難しいと思う」と言い、コメンテーターの小野由美子(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版編集長)も「その世界一筋でやって来た人が、急に転職を迫られても、何をやっていいのか分からないというのが実情。介護士やボランティア活動に従事している人がいると聞いているけど、そういう人は凄いと思う」と語った。果たして25人全員が本当にクロだったのか。今でも疑問は残る。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中