雪に埋もれた車中で2か月―スウェーデン男性「冬眠」してた!?

印刷

   この17日(2012年2月)、スウェーデンの山中で雪に埋もれた車の中から40代の男性が発見された。後部座席で寝袋に入っていたのだが、何も食べずに2か月を過ごし、口にしたのは少量の雪だけというのでみんな驚いた。

   男性は12月半ばからそこにいて、発見された時はひどく衰弱していて体温は31度だった。メディアは「冬眠状態だったのではないか」という。お調子ものの「とくダネ!」はさっそくこの「冬眠」に食いついた。

クマやリスの「冬眠タンパク質」―ヒトにも似た物質

   笠井信輔アナが「実験をしてみました」というので、何かと思ったら、長野県の野沢温泉村へ行って、あたりの温度を測って地元の人に聞いただけ。「エンジンを切った車の中でどれくらい耐えられますか」

「トクだね!」も冬眠
「さあ、1時間かな」
「2か月? 考えられない」

   女性ディレクターが車外の温度(3度)を測り、車内の温度と比べ、「1時間で6度下がりました」だと。あげくに後部座席で寝袋に入ってみせた。バカバカしい。そんなことのために野沢まで行くか。だいいち、スウェーデンはマイナス20~30度だという。比較にもならない。

   そんなことはおかまいなし。笠井は「冬眠については日本の科学者が大発見をしていました」とあげたのが、近藤宣昭さんという冬眠の研究者。何者かはわからない。彼は「リスなどは『冬眠タンパク質』を持っている。これがあれば冬眠できる。人間は『冬眠タンパク質』はないが、似たものは持っている。だから、冬眠と似たような状態をつくれたのかもしれない」という。

   06年に神戸・六甲山で遭難した35歳の男性は、3週間後に救出されたときの体温は22度だった。体温が下がれば代謝が落ちる。その分エネルギーを使わなくて済む。それで生きられた。

31度の低体温で代謝落ちエネルギー節約

   人工冬眠のアイデアはとうにSF映画などではおなじみだが、きっちりとコントロールできれば、医療や輸送、宇宙旅行で活用も考えられる。近藤氏は「長生き、生存時間も長くなる」という。

   笠井が「冬眠タンパク質」を説明する。これがあるクマやリスなどは6~7度という低い体温でも凍死しない。スウェーデンの男性は31度という体温を保っていた。人間は20度を下回ると心臓の鼓動がなくなるといわれるが、この男性には「冬眠タンパク質」のようなものが作用したのではというのだ。

   司会の小倉智昭「医療の分野で使える」

   笠井「近藤さんによれば、臓器の長期保存や病気の進行を遅らすこともできる。ガンなんかでも時間が稼げる。宇宙旅行も長生きもできるかも。冬眠中は耐性があって病気になりにくい」

   これに小倉が「『トクだね!』は今日をもって休養させていただきます。50年後にまたお会いしましょう」(爆笑)

   しかし笠井は1人真面目に「うまく注入できると、普通に生活しながら冬眠状態にできる」なんていう。「ただし、いま人工的に長寿にすることは必ずしもいいとはかぎらない…と葛藤しながらの研究だそうです」

   小倉「年金が追いつかなくなる」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中