英国版「嵐」にいちゃもん「グループ名こっちが本家。100万ドル寄こせ」

印刷

   イギリスから飛び出した人気の5人組ボーイズバンド「ワン・ダイレクション」が、自分たちのグループ名をパクられたとアメリカの5人組バンド「ワン・ダイレクション」から訴えられた。ワン・ダイレクション(略して1D)ってだれというムキも少なくないが、イギリス版「嵐」といったところだろうか。

欧米で人気絶頂の5人組ボーイズ

   イギリスの人気オーディション番組「Xファクター」で見出されたナイル、ゼイン、リアム、ハリー、ルイの5人で、イギリス出身グループとしては初めてデビューアルバム全米1位になる人気だ。日本で人気に火が付くのも時間の問題といわれているのだ。

   鳥落とす勢いのワン・ダイレクションに「俺たちが先だったのさ」と訴えたのが、アメリカで2009年以来バンドとして活動している無名の5人組。彼らはワン・ダイレクションという名前を持つバンドは自分たちだけと名前の変更を迫り、ソニー・ミュージックとXファクター審査員のサイモン・コーウエルのレコードレーベルSycoに対し100万ドルの賠償を求めている。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中