桂歌丸「腰手術」成功―「笑点」欠席なし 入院見越して撮りだめ

印刷

   落語家の桂歌丸は腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)できょう12日(2012年6月)に3度目の手術を受け成功した。昨年から歩くと腰に痛みを感じるようになり、手術で以前埋め込んだネジと板を取り除いた。退院後はリハビリを続け、7月7日に予定されている日本テレビ系「笑点」(日曜ごご5時30分)の収録から現場復帰する。

   歌丸は入院手術に備えて4月から「笑点」の撮りだめをしており、回復が順調なら「欠席」することなく出演し続ける。高座の復帰は7月14日の「圓朝まつり」となる見込み。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中