福島原発事故直後の東電ビデオ「本店!本店!大変です!3号機が爆発しました」

印刷

   東京電力はきのう6日(2012年8月)、福島第1原発事故直後の社内のテレビ会議の映像を公開した。しかし、完全公開は総録画時間150時間分のうちたったの90分だ。 しかも、ぼかしや「ピー音」で映像をいじり、取材の人数、視聴時間を制限し、録画・録音禁止と、とても公開とはいえないシロモノだった。

150時間のうち公開たった90分。ピー音とボカシでやりとり不鮮明

   東日本大震災から3日後の昨年3月14日、2号機の異常と3号機の爆発があった時の分割画面には、福島オフサイトセンター、東電本店、 福島第1原発、福島第2原発、柏崎刈羽原発のが同時に写っている。テレビ朝日の原発担当デスクの松井康真が150時間分を閲覧していた。報道1社につき2人だけが全体を見ることができた。松井は関心のある部分を選んで見たが、7時間半かかったという。そのうちからいくつか(公開部分)を見せた。

緊迫している

   第1原発の吉田昌郎所長の声が飛び込んでくる。「本店!本店!大変です。大変です。3号機、多分水蒸気爆発がいま起こりました。11時1分です」

   本店「了解、緊急連絡します」

   吉田「免震重要棟じゃわからないが、地震とは明らかに違う横揺れと縦揺れが…。多分1号機と同じ爆発」

   本店「はい、了解」

   90分のうち音声があるのは30分で、これはその冒頭に出てきたやりとりである。松井は「吉田所長は取材もしているが、こんな高い声の人じゃない。水素爆発を水蒸気と言い間違えている。緊迫した状況だったことがわかります」と話す。こんなやりとりもあった。

   吉田「安全委員会委員長、保安院長、官邸から、すぐ操作をやれというが、それでいいんですかと聞いてるんです」

   清水正孝社長「吉田さん、吉田さん、清水ですが、班目先生の方式でいってください」

   吉田「はい、わかりました。本店の指示が出ましたが、技術的に、武藤本部長、大丈夫ですか」

   武藤「大丈夫だね」

   吉田と原子力安全委員長の班目春樹の間で、方法論で意見が食い違った時のやりとりだ。吉田は武藤に助けを求めている。結果的にどちらの方式もだめだった。こんな場面もあった。

   吉田「いまトライしてます。(ピー)」

   本店「いまその話を班目先生から…」

   吉田「すいません、本店、 (ピー)」

   松井は「ピー音の連続で何を言ってるのかわからないんです。ピー音は電話番号を隠すのはわかるが、一般の社員の名前も隠している」

これで全部かどうかも疑わしい東電「映像記録隠し」

   15日朝、東電本店に菅直人首相が乗 込んできた時のシーンもあるが、音声が入っていない。松井は「あとで消しても東電にはメリットがないから、入ってなかったんだろうと思う」と話す。

   司会の羽鳥慎一「緊迫しているのはわかりますが…」

   舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「これじゃ情報公開になっていない」

   松井「150時間の分は東電でしか見られない。パソコンが65台置いてあります」

   舘野「150時間だって全部かどうか。東電のやり方を見ていると信用できないですよ。1兆円も投じて国有化してるんだから、国会の事故調もうちょっと踏み込まないと中途半端だ」

   松井は「なぜ限定するのかがわからない。出してまずいことはないと思うんですけどね。東電のホームページに載せるべきですよ。ことは歴史が裁く。きょう明日の問題ではないのだから。官邸に記録が全くないのだから、東電が先鞭をつけるべきですよ」

   舘野「こんな状況なのに、再稼働させている人がいることが問題だ」

   まったくだ。東電はいまも「東電社内の事故」だと思っている。この事故の一切は人類の事故だ。全てを明らかにしないといけない。東電にはプライバシーなんかない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中