お前、人詰め込んでいるんか!女児カバン監禁の救出運転手「緊迫の一部始終」

印刷

   塾帰りの女児(12)が旅行バッグに押し込められ連れ去られた広島の事件は、タクシー運転手の機転で無事保護されたが、その緊迫した一部始終をタクシー運転手が語った。

「あの大きさであの重さ、あの柔らかさと温もり」何かおかしい…

   あっぱれなドライバーは、個人タクシー歴18年というベテランの星山寿幸さん (63)だ。西広島駅近くで客待ちしていたところへ、監禁容疑で逮捕された小玉智裕容疑者(20)が乗り込んできた。星山さんによると、「大きな荷物を下げて、下に手を入れて重そうに歩いてきたんです。(トランクに入れるのを)手伝おうと手を差し伸べたら、背を向けるようにして避けたような感じだった」と話す。気になった星山さんは、確かめるように「トランクの扉を閉める前にちょっとバッグを触ったら、温かいし柔らかいし、何だろうと思いながら閉めた」という。

ナイスな判断

   この後、11分間の緊迫したドライブが始まる。「道中、あの大きさであの重さ、あの柔らかさは何が該当するだろうと気になって走っていました。すると、後ろで音がするので振り返ると、男は座っているので男が出した音ではなさそう。そう思ったらまた音がした。で、『お兄さん、後ろにイヌでも積んでいのかい?』と聞いても黙ったままでした」

「はっきりした声で『出して、出して』って聞こえてきたんです」

   不審に思った星山さんは、近くの交番に通報しようと向かう。「信号待ちしていると、今度ははっきりした声で『出して、出して』という声が聞こえてきたんです。やっぱり人の声だと思い、振り返って『お前、人を詰め込んでいるんか』といったら、男は『ここで降ります』と言ってドアを自分で開けて出て行った。

   夢中で追いかけて男を捕まえ、車に座らせながら通行人に110番通報を依頼。さらにこの通行人にカギを渡してトランクを開けてもらったら、女の子がバッグから上半身出して立ったのが見えました」

   女の子の無事な姿を見て星山さんはホッとしたと笑う。

   小玉は成城大の社会イノベーション学部2年生。単位が取れず留年していた。以前、広島に住んだことがあり、運転免許を取るために広島にきていたという。

   キャスターのテリー伊藤「あの人がいなかったらどうなっていたか分からなかった。ナイス判断だったね」

   内科医のおおたわ史絵は小玉について、「平和ボケにも程があるというか、大学まで行かせてもらい、何が不満なのか。まともな人間からすれば理解しがたい。それが今の若者の心理と言えばそうなのかもしれないけど…」と困惑していた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中