おい、小池!火葬寸前に葬儀社から通報「本名がわからない男の遺体」

印刷

   「おい、小池!」の刺激的な手配ポスターで知られた小池俊一(52)が、岡山で死亡していた。徳島の親子を殺害して4000万円の預金通帳を奪って逃亡、以来11年間も闇に潜んでいた。 トイレで倒れているのを同居女性が発見したが、火葬寸前に葬儀社の通報で身元が割れた。

小笠原準一名乗り似てなかったポスター写真「いつもニット帽にメガネ、ヒゲ」

   事件が起きたのは2001年。徳島市内の住宅火災の焼け跡から松田優さん(当時66)が遺体でみつかり、行方がわからなくなっていた長男浩史さん(当時38)も淡路島で他殺体でみつかった。徳島県警は小池を父子連続殺害・放火容疑で指名手配した。

潜伏とも言えない

   小池は7年前から岡山市内のマン ションで67歳の女性と同居していた。先週金曜日(2012年10月19日)夜、トイレで倒れている小池を女性が発見し、病院に運んだがすでに死亡していた。 当夜、警察は検視をしたが「事件性なし」として指紋照合もしなかった。

   ところが翌日、葬儀社から「本名がわからないので火葬できない」と県警に連絡があった。小池は「小笠原準一」を名乗っていたが、同居女性が「本名じゃない。本名は知らない」と葬儀社に話したためだ。警察があらためで指紋照合をした結果、手配の小池とわかった。「小笠原」が本名とされていれば、そのまま火葬されるところだった。

   「おい、小池!」は徳島県警のアイデアだ。特別報奨金300万円つきで写真もさまざまにモンタージュされ、動画まで公開していた。とても街を歩けまいとまで思われていたのだが、どっこい彼は普通に歩き回っていた。先のオウム真理教の特別手配犯もそうだったが、写真と全然似ていなかったのである。小池を見かけていた近所の人たちや宅配業者も、「写真は若い」「いつもニット帽にメガネ、ヒゲも生えていた」「ポスターとは違う」という。女性が年上なので「親子かな、夫婦にしては離れ過ぎている」という人もいた。

   同居女性によると、小池とは仕事先で知り合った。同居後も働かず、女性から小遣いをもらっていたという。松田さんの預金は引き出されていなかった。女性は警察の巡回には「1人暮らしです」と答えていた。

67歳同居女性なぜ小遣いまで…?

   司会の小倉智昭「11年前にはかなり大きくとりあげた事件でしたが、正直、忘れてました。警察は逮捕できずに残念だったでしょうが、気がついてよかった」

   夏野剛(慶応大学大学院特別招聘教授)「こういう例は今後増えるんじゃないか。シングルの人がどんどん増えて、しかも高齢化していく」

   メンタルトレーナーの久瑠あさ美「愛情関係もあったのかな」

   小倉「お小遣いもあげてる。寂しさもあったのかもしれない」

   笠井信輔キャスター「もはや潜伏生活という言葉は当てはまらないのでは。オウム手配犯だって働いてたし結婚までしようとしてましたからね」

   小倉「周辺の無関心もありますよね」

   都会生活はそうして成り立っている。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中