2020年 11月 24日 (火)

日本郵政・財務省この姑息!政権空白狙った社長人事「2代続けてOB」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
「姑息だ」「あまりにもミエミエ」

   コメンテーターたちがあきれたのが日本郵政の社長人事だ。政権交代の空白を狙ったかのように、きのう19日(2012年12月)に大蔵省(現財務省)OBが2代続けてトップに就任を決めた。これに対し自民党が強く反発したのだ。「おでかけ前の朝刊チェック」のコーナーで取り上げた。

小沢一郎・亀井静香に近い天下り大物次官から引き継ぎ

   「これは大きな問題」と司会のみのもんたが紹介したのが、けさ(12月20日)の朝日新聞朝刊の「郵政新社長 自民が異議」という記事だ。日本郵政はきのう臨時取締役会を開き、19日付で斎藤次郎社長(76)が退任し、後任に坂篤郎副社長(65)の昇格を決めた。斎藤は元大蔵次官で、坂も主計局次長を務めた大蔵OBである。記事によれば、官房長官に内定している菅義偉・自民党幹事長代行は、「財務相出身者のたらい回し人事をした。官僚が自分たちの権益を守るような人事は許せない」と怒りをあらわにしたという。

   これには伏線がある。日本郵政のトップは公社時代から民間の出身者が務め、斎藤社長の前任者も三井住友銀行出身の西川善文氏だった。しかし、2009年10月、民主党の鳩山政権のときに西川社長を辞任させ、後任に「大物次官」といわれた斎藤を起用した。民主党は野党時代に自民党が提案する国会同意人事案を官僚OBという理由で次々反対していただけに、ご都合主義だと批判を浴びた経緯がある。

   しかも、斎藤は当時は民主党幹事長だった小沢一郎議員(日本未来の党)と近く、郵政改革担当相だった亀井静香議員(同)の後押しを受けての就任だった。このため、「自民党が政権に復帰すれば、遅かれ早かれ目をつけられるのは明らかだった」(朝日新聞記事より)。こうした事情があるため、「日本郵政は政権交代の合間をねらって人事を決めたふしがある」と記事は伝える。日本郵政の株は政府が100%持ち、来年6月の株主総会で解任も可能だ。

文   一ツ石
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中