紅白歌合戦「Wトリ」? 実は演歌系とポップス系それぞれに配分

印刷

   NHKはきのう25日(2012年12月)に大晦日の紅白歌合戦の曲順を発表した。トップバッターは5年連続で浜崎あゆみ、白組はNYCだ。大トリは3年連続で「SMAP」、紅組は「いきものがかり」だ。しかし、この「トリ」がNHKらしいなかなか巧妙な仕掛けになっているという。

   紅白それぞれの残り2組となったところで「攻守交代」となるのだが、交代した直後の紅組は石川さゆり、対する白組は北島三郎と演歌の大御所で、この後にいきものがかりとSMAPと続く。音楽番組制作会社のプロデューサーは感心する。

「4人でトリということですよ。石川と北島の大トリ・トリでは古い印象になってしまうし、かといって、いきものとジャニーズ系で大トリ・トリでは演歌ファンや年寄りは納得しない。ダブル大トリ・トリと考えてくれということですよ。これなら、それぞれの芸能事務所も納得しますしね…」

   演歌ファンは石川さゆりとサブちゃんを聞いたら今年の紅白は事実上終わり、ポップスファンはいきものがかりとSMAPまで楽しんでくださいという演出というわけである。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中