2019年 11月 13日 (水)

千野志麻「ご近所の評判」最悪!「いつも乱暴な運転」「迷惑かけても頭下げない」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

駐車場ひき殺しでチノパン「前方不注意なら起訴。賠償金6500万円」

   チノパンの愛称で人気があった千野志麻(35=本名横手志麻)がビジネスホテルの駐車場で看護師(38)をひき殺してしまったことは、各誌大きく報じている。なかでも「週刊新潮」が詳しい。1月2日(2013年)、夫と子どもたちとで静岡へ帰省する途中だった。彼女が運転していたのは黒っぽいアウディのSUV。被害者が自分の車から出てきたところで彼女の車と接触した。

   スピードはせいぜい時速10~20キロだったそうだが、それがかえっていけなかったようだ。被害者が押し倒されるような格好で車の下に潜り込んでしまったため、「肋骨が折れて肺に刺さり、肝臓は圧挫傷したのです。腹腔内で大量出血し、腹膜への刺激と血圧の低下で嘔吐症状が起こった。(中略)搬送先の病院でも手の施しようがなかったかもしれません」(東大名誉教授の前川和彦医師)

   千野と結婚した相手は福田赳夫元総理の孫で、「ゴールドマン・サックス」のマネージングディレクターをしている。年収は5000万円は下らないといわれる。彼女は結婚後も「セレブママタレント」として売れっ子だったが、この事故で人生は暗転せざるをえない。

   当然ながら、彼女の日頃の運転にもこういう批判があるようだ。「奥さんはマンションの狭い駐車場でも乱暴な運転をしてスピードを出すので、他の住民からも不興を買っています。おまけに、彼女は荷下ろしするのに車で通路を塞ぎ、迷惑をかけても平然とした表情で頭を下げることもない」(同じマンションの住民)

   気になるのは、彼女は起訴されるのだろうか。加茂茂弁護士は彼女の事故原因に前方不注意があれば起訴は確実。公判請求か略式かにわかれる要因は、遺族に慰謝を尽くし示談が成立するか、その見込みがあるかどうかにかかっているようだ。新潮は賠償金額は6500万円ぐらいになるのではないかと見ている。自動車事故は一瞬にして相手も自分も奈落の底に落とす。車は怖い。そう思わざるをえない事故である。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中