あの「料理の鉄人」が落ちたもんだよ…安さが売りの立ち飲みフレンチ宣伝とはねえ
<アイアンシェフ(フジテレビ系)>

印刷

   昨年10月(2012年)のスタート以来、視聴率もぱっとせず、苦戦し続けている「アイアンシェフ」だが、この日はテレビ欄に「森公美子が行列のできる噂の店を取材!」とあったので、番組内容に変化があったのかとチェックしてみた。
   森がノミニー(挑戦者指名を受けた料理人)の店を訪れ、美味しさ、実力、評判を調査する。ターゲットの店は最近メディア露出も多い話題の「俺のフレンチ」で、安くて美味しいフランス料理を求めて開店1時間半も前から行列ができているとか。森が最初に試食したのは「甘エビのタルタル~キャビアをのせて」で、「うまい!これ4800円くらい?」と予想。店員が「680円」と言うと、「何やってんの、バカじゃないの!?」と安過ぎると責め、これを3品ほど繰り返していた。
   森は「中居正広の金スマ」で23キロダイエットに成功したばかり。なのに、もうこんなに食べて大丈夫なのかと心配になる。「事故で要介護になった夫のため痩せなくては」と涙ながらに語っていたあれは、なんだったんだ。
   「俺のフレンチ」の安さは立ち飲みにあり。原価率100%を超える食材も、立食で回転率を上げることにより利益を出しているのだという。創業者はあの「ブックオフ」と同じで、フランス料理にも価格破壊をということらしい。ノミニーは敗れたが、これだけ宣伝してもらえば十分だろう。それほど店の宣伝が長過ぎ。(放送2013年1月18日19時57分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中