「氣志團」白鳥雪之丞が一時活動休止 綾小路翔「快楽主義で薄情者、ダメ人間だけど…」

印刷

   ロックバンド「氣志團」のドラム白鳥雪之丞が楽器演奏など特定の作業時にけいれんなどが起きる「職業性ジストニア」のため、一時活動休止することを公式ホームページで2月9日(2013年)に発表した。

   発表を受けて氣志團のボーカル綾小路翔は自身のツイッターを更新、「中1からの同級生。20年以上ずっと一緒にバンドをやって来た彼と、今回初めて離れる事になった。快楽主義で薄情者、知力体力共にゼロ。良いところを見つける方が難しいぐらいのダメ人間だけど、何故かずっと一緒だった。彼のいない旅、まだ想像がつかない」と悲しんだ。

   ファンから寄せられた励ましのメッセージに対し、「必ず雪之丞本人に伝えます。本当に本当にありがとう」と書き、「とは言え、雪之丞は元気にしています。当分の間は氣志團と行動を分かちますが、どうかご心配なくお願い致します」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中