<フライト>
英雄パイロットはアル中ヤク中だった!嘘つき自堕落無反省…自滅するデンゼル・ワシントン

印刷
(C)2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
(C)2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

   飛行中に急降下を始めた旅客機のパイロット、ウィトカーは制御不能の機体を背面飛行させ、胴体着陸して乗客・乗員全員を救った。「奇跡の着陸」でウィトカーは一躍ヒーローとなるが、身体チェックで血液から基準値をはるかに超えるアルコールが検出され、過失致死罪の容疑がかけられてしまう。

   ウィトカー役はデンゼル・ワシントン、監督はロバート・ゼメギスというオスカーコンビだ。

すさんだ心癒すケリー・ライリーにはかない美しさ

   「フライト」というタイトルから、飛行機が原因不明の急降下したのは機内でなにか事件があったからなのか―そんなサスペンスをイメージしていたが、約2時間半の映画で機内の話は少しだ。大部分は「アルコール依存症に苦しむ男の物語」で、終始、暗いムードが漂っている。その男をデンゼル・ワシントンがいかに上手く、人間臭く演じるかが、この映画の最大の見どころである。

   ウィトカーはアルコール依存症というだけでなく、薬物だってやりまくる。家族ともそれが原因で別れているが、パイロットとしての腕はいまでも一流だ。

   事故原因を巡る裁判で、彼をどうにか救おうと周囲の人たちは奮闘するが、ウィトカー自身がそれをぶち壊してしまう。アルコール依存症であること隠すため嘘を重ね、その嘘を隠すためさらに嘘をつく。家中にある酒瓶を幾度処分しても、再び手を出してしまう。嘘にまみれもがき苦しむから、また酒や薬に手を伸ばす。苦悩するウィトカーの姿は、依存症の怖さをこれでもかというほど印象づけるのだが、こうした芝居のデンゼル・ワシントンはうまい。

   飛行機事故の目撃者で、彼を支える薬物依存症の元写真家・ニコール(ケリー・ライリー)は美しく、どこかはかない風情にウィトカーの荒んだ心は癒されていく。そして、追い詰められたウィトカーが選んだラストに、犯した過ちの重さを感じた。

PEKO

おススメ度☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中