<1年前のワイドショー>大津・中2いじめ自殺!飛び降り練習させる陰湿さ、学校・教委の隠蔽、動かなかった警察に激しい批判

印刷

   滋賀・大津市の中学校で執拗なイジメにあった2年生が自宅マンションから飛び降り自殺していたことが明らかになった。世間が愕然としたのは、自殺練習まで強要したイジメの陰湿さだけではなかった。見て見ぬふりをしていた学校・教師、事態を知って責任逃れに狂奔する市教育委員会、助けを求める訴えを無視し続けた警察の度し難い鈍感さだった。

見て見ぬふりの教師、逃げ回る教委、被害届受理しない警察

   「大津市の中2男子『自殺練習』―学校が生徒に口止め『外にしゃべるな』」(TBS系「朝ズバッ!」)、「『自殺練習』知りながら教師放置『(中見出し)にもしてくれなかった』」(フジテレビ系『とくダネ!』)、「『先生は一緒に笑って見ていた』自殺練習の大津市立中学」(「とくダネ!」)と、学校と教師たちが見殺しにしたと伝えた。

   教育委員会に対しても、「大津教委 気づかなかったわけない!アンケート記入の『自殺練習』『葬式ごっこ』」(「朝ズバッ!」)、「尾木ママ『いじめとの因果関係は95%。学校・教委が隠蔽』大津・中2自殺練習」(テレビ朝日「モーニングバード!」)、「「大津市教育長まるで他人事!『自殺はいじめ以外にも要因。資料スーと見た程度』」(「とくダネ!」)と無責任さを追及、警察が捜査に入ったが、警察に対しても「いまさらなんだ!被害届3度拒否の警察が大津市教委・中学校捜査に『遅いよ』」(日本テレビ系「スッキリ!!」)と批判の目を向けた。

   この事件をキッカケに、各地のいじめが次々を報告され、学校や教委が隠していた実態が露見することになった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中