2018年 7月 19日 (木)

いきものがかり水野「優等生的イメージを『わずらわしい』と思うときある」

印刷

   音楽グループ「いきものがかり」の水野良樹(30)が「いきものがかりにまとわりつく優等生的なイメージというのは、個人的には、ほんとわずらわしいなと思うときがありますなぁ」と8月1日(2013年)にツイッターでつぶやいた。

   イメージが「歌にとって、じゃまだな」と思うことがあるといい、「歌にかかるバイアスは、可能なら、なるべく少ないほうがいい」と話す。近々行うライブを「すごい情報量の多いライブになると思う」としながら、「でも、どうしても最後は『キャラクター』に回収されてしまう」と嘆いている。

   ここ数年「そこでしかものを考えられなくなっているんじゃないかという、うにゃうにゃに抗いたい」と考えながら「やっぱり自分も飲み込まれてきている」といい、「優等生」イメージゆえの苦悩を語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中