2019年 1月 17日 (木)

今度は「ピザハット」でばかアルバイト!顔にピザ生地張り付けてツイッター

印刷

   「不適切写真」というんだそうだ。外食企業のアルバイト店員によるおふざけ写真のネット公開が止まらない。客に食わせる食材でいたずらしたり、保冷庫に入り込んだりだから、不適切なんてもんじゃない。その結果どうなるかも考えないバカとしかいいようがあるまい。

「ピザって息できないんだな お休み地球」…会社は謝罪

   ピザの生地をマスクのように顔に貼付けた男性の写真に、「ピザって息できないんだな お休み地球」という書き込み。ツイッターに投稿したのは、 杉並・高井戸のピザハットのアルバイト店員だった。ツイッターは炎上して、日本ケンタッキー・フライド・チキンはきのう19日(2013年8月)謝罪した。ピザ生地は廃棄用だった。

2、3000万円

   今月1日には、ハンバーガー用のパンの山の上に赤シャツの男性が寝そべっている写真が出た。バーガーキングの都内の店で撮影されたもので、大量のパンは発注ミスで廃棄せざるを得なくなったものだったという。これもアルバイト店員で首になった。

   3日には業務用冷蔵庫の中には入り込んだ男の写真。かぶっていた帽子から弁当チェーン「ほっともっと」の愛知県内の店での撮影とわかった。店員は解雇され、店は消毒のため一時休業した。

   大阪・門真市のラーメン店では冷蔵庫に保管してあるソーセージを口にくわえる女性アルバイト店員の写真が問題になった。店は休業して、開封済みの食 材を廃棄し冷蔵庫の消毒をした。撮影・投稿した女性2人は解雇されたが、「軽い気持ちでやった」といっている。みんなそうだろう。まともならできるはずがない。

   街で聞いてみても、「バカだな」「あり得ない写真だけど、ネットに載せたらどうなるかが わかってない」「最低。ありえない」「逆にそういうのが楽しいんじゃないの」「わからなくもない」…。なかには「仲いい人なら撮っちゃう」とわけがわからない。

   専門家は、現代の若者は面白いことに価値を置いている。面白くないと受けない。あくまでふざけ、冗談だが、情報発信の危険がわかってないという。ネットは世界につながっているのに、個人的なものだと思っているというのだ。つまりはバカということだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中