2018年 7月 21日 (土)

間が悪い「世界柔道」フジ生放送!日本選手優勝の時にCM…小倉智昭苦笑

印刷

   この数日、このテレビ局スポーツ部門ではにわかに「世界柔道」が注目を浴びているが、これは言うまでもなくフジテレビ系の放送(生中継)である。この大会は早朝放送されているが、どうにも間が悪く、決勝のCM中に日本選手が優勝していたことが「とくダネ!」のエンディングで話題になった。

局アナ笠井信輔「ほんと申し訳ありませんでした」

   番組司会の小倉智昭は「ちょうど男子の決勝が盛り上がってくる頃に、めざましテレビがはじまるのは!?」「きのうもそうだったんですよ」と、フジテレビアナウンサーの笠井信輔に苦笑しながら話を振る。

運営が悪いね

   これに笠井は「きょうはほんと申し訳ありませんでした」「決まり手のところ、CMでしたか。ちょうどその時間、番組が切りかわるので」と謝罪に追い込まれた。

   この件で世の中には、「決勝がきちんと中継できない構成が悪い」といったクレームをつける向きもあるようだが、けさの小倉はにこやかに「会場の運営の問題じゃないか。運営がきちんとやってくれれば、(放送枠内で)おさまるはずなんですが」とし、フジテレビの責任は不問に付していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中