間が悪い「世界柔道」フジ生放送!日本選手優勝の時にCM…小倉智昭苦笑

印刷

   この数日、このテレビ局スポーツ部門ではにわかに「世界柔道」が注目を浴びているが、これは言うまでもなくフジテレビ系の放送(生中継)である。この大会は早朝放送されているが、どうにも間が悪く、決勝のCM中に日本選手が優勝していたことが「とくダネ!」のエンディングで話題になった。

局アナ笠井信輔「ほんと申し訳ありませんでした」

   番組司会の小倉智昭は「ちょうど男子の決勝が盛り上がってくる頃に、めざましテレビがはじまるのは!?」「きのうもそうだったんですよ」と、フジテレビアナウンサーの笠井信輔に苦笑しながら話を振る。

運営が悪いね

   これに笠井は「きょうはほんと申し訳ありませんでした」「決まり手のところ、CMでしたか。ちょうどその時間、番組が切りかわるので」と謝罪に追い込まれた。

   この件で世の中には、「決勝がきちんと中継できない構成が悪い」といったクレームをつける向きもあるようだが、けさの小倉はにこやかに「会場の運営の問題じゃないか。運営がきちんとやってくれれば、(放送枠内で)おさまるはずなんですが」とし、フジテレビの責任は不問に付していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中