「山本太郎」福島からも総スカン!パフォーマンス好きなら原発被害地に住んで国会通え

印刷
<「そもそも山本さん(太郎=筆者注)は福島県に住んでいる人の立場で考えていないだろうと感じていました。福島県民で彼の政治活動に期待する人はあまりないと思います。彼の発言の多くは起こりうる最悪の想定をもとに繰り返されるわけですが、最悪の可能性を基準にしては、福島県には住んでいられないということが理解できていない。私は、皇室がこれまで放射能について言及してこなかったことに非常にありがたさを感じています。天皇陛下は、震災後の夏、いつも通りに那須の御用邸に避暑に行かれ、いつも通りに御料牧場で取れた野菜、鶏、豚、羊を召し上がりました。一方、御用邸や皇居の放射能数値が公表されることはない。山本氏は、国民に心配をかけさせまいという陛下の気持ちを察することができない人物なのでしょう」>

   これは山本太郎参議院議員が10月30日(2013年)に赤坂御苑で開かれた園遊会で、天皇に手紙を渡したことについて、『週刊文春』で大震災以来福島県三春町で避難民の受け入れを行っている作家で僧侶の玄侑宗久氏の言葉である。

   この『事件』に対する週刊誌の書き方は、みのもんた攻撃と同じように厳しいものがほとんどである。週刊文春は「手紙テロ」という表現を使い、『週刊新潮』は「軽挙妄動のパフォーマンス、浅知恵に基づいた詭弁、有権者を欺くペテン、思考停止の風評妄信、そして大いなる無知」この五拍子揃ったのが山本氏だと酷評している。

   週刊文春によれば、その日の秋晴れの下、約1800人の出席者は穏やかに談笑しながら、天皇皇后や皇族のご到着を待っていたという。その中に、明らかに周囲から浮いている山本太郎参議院議員がいた。皇族の到着直前、蝶ネクタイ姿の山本議員は宮内庁担当記者が集まる取材エリアのすぐ近くまでやってきた。そこには巨人軍の長嶋茂雄氏やプロスキーヤーの三浦雄一郎氏ら著名な招待客が並ぶいわばVIP席だった。

   山本議員は長嶋さんから3、4人挟んだあたりに割り込もうとしたが、入り込めるようなスペースがなく、少しはみ出す状態になっていたのを宮内庁の職員が認め「他の場所へお願いします」といって移動させた。それから数分後、天皇皇后が到着され、式部官長に先導されながら会場を歩き始められた。そして、山本議員の前を天皇が横切ろうとした時、「実は、お持ちしたものがありまして」と山本議員が手紙を差し出したのだ。戸惑われたような表情の天皇は、その言葉に何度か頷かれ、そして侍従長に手紙を託し、軽く会釈をされてから再び歩み始められた。

   <巻紙に筆で書かれた手紙は〈不躾にもお手紙を陛下にお渡しする無礼、お許しください〉と始まり、福島の子供たちの健康被害や原発作業員の健康管理がなされていない実情を訴える内容だった>(週刊文春)という。

   内容はともかくとして、こうした行為は、先週も書いたが、山本議員の憲法違反行為で辞職に値するといわざるを得ない。即位の際、憲法を遵守すると宣言した天皇が一番当惑しているであろう。議員は天皇に直訴するのではなく、国会で堂々と意見を述べ、安倍首相を追い詰めるべきである。これでは憲法軽視、議会制民主主義軽視といわれても致し方ないと私は考える。

   山本議員は辞職せずといっているようだが、それならばパフォーマンスばかりを先行させるやり方ではなく、福島に住み着いて、そこから国会へ通うぐらいのパフォーマンスをするべきである。

安倍首相よ、特定機密保護法よりやることあるんじゃないか!?官邸内の会話アメリカに筒抜け

   安倍首相の日本版国家安全保障会議(NSC)と特定秘密保護法に対する執念はすごいと思わざるをえない。反対派がモタモタしているうちに、あっという間に成立させてしまう腹づもりである。野党の質問も書かれた紙を読み上げるだけで、この問題に対する危機意識がまったく感じられない。

   新聞は申し訳程度にやってはいるが、テレビは「報道ステーション」と「報道特集」がやっているだけ。もっとヒドイのが週刊誌である。わずかに「特定秘密保護法の『ずさんさ』」(『週刊朝日』11/8号)と「日本版NSC(国家安全保障会議)の大愚策 機密情報を制するのは外務省か」(『サンデー毎日』11/17号)が目につくだけである。

   サンデー毎日の記事を紹介しよう。「増長と暴走の止まらない日本と、有効な制御策」というタイトルのリポートが9月上旬(2013年)、米国防総省の中枢に届いたという。安倍首相が靖国参拝をするために周囲とどんな協議しているのか、首相官邸でどのような会話が交わされているのかが書かれているものだという。文責は国家安全保障局(NSC)と中央情報局(CIA)の連名。オバマ米大統領のプレーン機関関係者が概要をこう語っている。

<「堂々とスパイが潜り込んでいるとは思えません。何らかの手段で、通信を傍受していたとみるのが自然でしょう」>

   これは、日本の官邸で繰り広げられていた打ち合わせが、米国諜報機関に盗聴された可能性がある『衝撃証言』だというのである。

   英紙『ガーディアン』などによると、米NSAは2006年頃、同盟国を含む世界の指導者35人の電話を盗聴し、10年には80都市以上で通信を傍受していたと報じている。ドイツのメルケル首相がオバマ大統領に事の真偽を問い、オバマが「知らされてなかった」と謝罪する始末である。日本を盗聴することなど、アメリカにとっては容易いことであろう。

   アメリカの真意は、安倍首相が靖国神社へ参拝することによって、中国との関係がこれ以上悪化するのを避けたい思いがあるからであろう。サンデー毎日はこう書いている。<米国は「中・韓と同じように靖国神社を『軍国主義の象徴』と捉えている」(外務省関係者)

   10月3日、日米安全保障協議委員会のため来日したケリー氏とヘーゲル国防長官は靖国神社に見向きもせず、安倍首相と面会する前に、千鳥ヶ淵戦没者墓苑へ足を運んだ。別の外務省幹部が頭を抱える。

「参拝は事前に米国側が伝えてきた。しかし、一方的だったのでウチが止められる余地はありませんでした。安倍首相の側近からは『米国がはっきりと反対のメッセージを出してきた以上、靖国カードは当面切れなくなった。外務省の責任だ』と散々ドヤされましたよ」>

日本版・国家安全保障会議(NSC)のトップ局長ポストで復権狙う外務省

   NSC事務局トップである国家安全保障局長のポスト争奪戦も激しいようだ。現段階でリードしているのは外務省とされる。安倍首相の外交ブレーンである谷内正太郎内閣官房参与がそれである。防衛省幹部はその意義をこう話す。

<「そもそもNSCは、外務省が他省庁のネットワークや権益を組み込んで、活動を拡大するような組織です。それはもはや『新・外務省』『外務省の特殊部隊』と言っていいレベル。そこに、谷内氏が下馬評どおり事務方トップに君臨すれば、機能低下が指摘されて久しい外務省の完全復権を意味するのも同然です」>

   しかし、軍事ジャーナリスト神浦元彰氏はNSCができても軍事情報はダダ漏れになると指摘している。たしかに、今年5月(2013年)、元米中央情報局(CIA)職員で元米国家安全保障局(NSA)勤務の経験もあったエドワード・スノーデン氏が、NSAの情報収集をメディアに告発したし、 2010年11月には、内部告発サイト「ウィキリークス」に米国の機密文書が公開された。漏えいしたのは陸軍上等兵のブラッドリー・マニング被告であった。今年8月の米軍事法廷で、被告には35年の禁固刑が言い渡されたが、軍や警察官の機密漏洩罪を厳しくしても、高い知識やモラルを持って国民の不利益になる情報を公にする人間は後を絶たないはずだと神浦氏は見ている。

   翻って日本を見た場合、公務員はもちろん、メディアにいる人間たちの中にそれほどの良識と実行力を持った者がいるだろうか。日本版NSCと特定秘密保護法が成立すれば、日本にはどうでもいい情報だけが溢れ、国民は何も知らされないままアメリカのいいなりに「集団的自衛権」行使ができる国に変容し、いつか来た道を辿ることになりはしないか。心底心配である。

朝日新聞「美脚自慢の契約女子社員」に入れあげた新任デスク…二股かけられ左遷哀れ

   メディアについて2本。週刊文春は得意の朝日新聞バッシングもので、先日更迭された週刊朝日編集長のセクハラよりもエグイ社内の男女の醜聞である。舞台は大阪・中之島の朝日新聞大阪本社である。2009年春、広島総局勤務から次長待遇として写真部に戻ってきた40代の古田新太似のAデスクは、編集局に派遣されていた20代後半の契約社員、美脚自慢のメガネ美人B子さんと出会って入れあげ、デートをするたびに高価なものをプレゼントしたり、マンションの家賃まで負担してあげたのだそうだ。結婚へ本気モードだったが、このB子さんはなかなかしたたかで、Aデスクだけではなく、同じ編集局のスポーツ部デスクCさんとも付き合い、こちらが本命だったという。

   B子さんから別れを切り出すと、Aデスクはこれまで貢いだ分を返せと要求した。だが、逆にB子さんはAデスクのことを「ストーカー」として警察に届け出て、Aデスクは債務不存在確認の民事訴訟を起こすなど泥沼化したのである。

   B子さんからはカネを返してもらうものの、Aデスクはこのことを会社に知られ、昨年春に富山総局の一記者として左遷されてしまった。そのA記者を富山総局前で直撃すると、意外にも事実関係を淡々と認めたという。

<「裁判で決着したんで、もういいかなと思っています。B子さんは家賃も水増しした金額を私に払わせていたような性格なので。Cと不倫して私と二股かけていようが、事実を告げてくれたらよかったので『本当のことを言ってくれ』と何度もメールしたのに、彼女は逃げるばかりでしたね。まぁ、返ってきたパソコンの中に全て真実が詰まっていたので、調べるまでもなかったんですけど。彼女はスマートな方なんですけど、IT関係は弱いんでしょうね。(中略)
   当初はCにも頭にきたけど、彼も娘が生まれたばかりで家庭を壊すつもりもなかったので、私は何も騒いでいません。富山はいいところ。食べ物もおいしいし、上司にも恵まれていい仕事をさせてもらってる。今は結果オーライかなと思っています。でも文春に書かれちゃったら次はどこに飛ばされるのかな……」>

   どこか哀れを誘うコメントである。朝日新聞記者がこういう。<「朝日には社内不倫など乱れた男女関係の話が多い。週刊朝日のセクハラも起こるべくして起きた。今回の件も特に驚きませんね」>

   昔は「朝日文化人」なる言葉まであった朝日新聞記者だったが、昔日の面影すでになしのようだ。

「安倍お友だち経営委員会」NHKは政権の広報機関に成り下がった

   もう1本は、メディア支配を目指す安倍首相がNHKを手中に収めようとしているという『週刊ポスト』の記事だ。NHK会長人事は経営委員が会長を任命し、国会で同意を得た上で首相が任命するのだが、安倍首相はその経営委員たちを自分の息のかかった人間にして、NHK会長に自分の意のままに動く人物を据えようとしているというのである。

<安倍政権が10月25日、国会に提示したNHKの経営委員人事案は、安倍氏と会談したばかりの作家・百田尚樹氏、安倍応援団の代表格である保守派の評論家・長谷川三千子氏、そして安倍氏の元家庭教師だった日本たばこ産業(JT)顧問といった、首相に近い面々。安倍支配が始まったと、NHK局内では早くも悲鳴が上がっている」>

   すでに安倍政権との接近を示すことが起きていたという。<10月5日に放送されたNHKスペシャル「ドキュメント消費増税 安倍政権2か月の攻防」の冒頭は、「NHKのカメラが、今回初めて総理大臣執務室に入りました」で始まる。安倍首相がどのような覚悟と男気を持って決断したかが描かれた番組だ>

   局内から「NHKは政権の広報機関でしかない」という声が上がっているという。週刊ポストによれば、安倍首相は第一次安倍政権はメディアの偏向報道に潰されたという思いが強く、とくにNHKと朝日新聞が最大の天敵だそうだ。今の松下正之会長の番組内容の「公平・公正」方針が気に入らないようだ。では誰を据えたいのか。NHK問題を取材するジャーナリストの町田徹氏がこういっている。

<「NHKインターナショナル経営特別主幹の諸星衛氏を推す声が強まっています。諸星氏は、NHK政治部記者出身で、海老沢勝二元会長の側近としても知られた人物です。実は彼は、当時官房副長官だった安倍氏らが従軍慰安婦問題などを扱ったNHKの番組内容に対する政治圧力を疑われた『番組改変問題』で、当時理事として『政治圧力ではなかった』と火消しに回った中心人物。安倍氏にとっては、『自分のために汗をかいてくれた』功労者で適任と考えておかしくない」>

   よく知られているように、NHKの予算は国会での承認が必要である。そのためNHKが政治に弱いというのは定説である。だが、この安倍首相のゴリ押しが通れば、NHKは安倍内閣の御用放送局となり、さらに政権ベッタリの大本営発表を垂れ流すことになる。「国民には政権にとって都合の悪いことは何も知らせるな」が安倍首相の『国家観』であること間違いない。やれやれ!

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中