「夫殺し男」裁判で供述一転!隣で寝ていた奥さんとの共犯…妻否定で藪の中

印刷

   妻の横で寝ていた夫を刺殺し殺人罪を問われた男が、初公判で単独犯行という供述を翻して「夫の妻も共犯だった」と主張し、妻がこれに真っ向から反論する驚きの裁判員裁判が水戸地裁であった。男は野村賢志被告(25)で、今年5月(2013年)に茨城県境町で住宅に侵入し、就寝中の小野里正志さん(38)を刺し殺した。

「犯行3日前に妻から電話。『玄関のカギ開けておく』」

   水戸地裁で18日(2013年11月)に開かれた初公判の冒頭陳述で、検察側は野村の当初の自供どおり「アルバイト先で同僚の37歳の女性に夫がいるのを知りながら恋愛感情を抱き、野村の誘いで1度は映画を見に行ったものの、その後は誘いを断られるようになり、夫がいなければまた交際ができると思い殺害に至った」と単独犯を主張した。

   ところが、この後、被告弁護側が「被告と妻は親密な関係にあった」と主張して次のように陳述した。

「被告と妻は昨年5月、携帯電話のゲームで仲を深め、同9月には映画館でデートし手をつないでキスをする関係になった。そのとき妻は被告に香水をプレゼントした。同11月には妻が被告の自宅に2度も遊びに行き、その後は一時ケンカ状態になったものの、メールのやり取りを再開。今年2月には二人っきりで車のなかで話しをしキス。同3月、妻の誕生日に被告は曲入りの携帯プレーヤーをプレゼントした」

   さらに、弁護側は事件3日前にした妻と野村の電話のやり取りが犯行のきっかけになったとして、その内容を明かした。「宝くじが当たれば夫と別れられるのに…。家のカギを開けておくので入ってきて欲しい。泥棒が入ったことにしておくから」

   このため、野村は事件当日に実際にカギが開いていたので、妻は本気だと思ったという。夫を刺したのは抵抗されたためで、強い殺意はなかったと主張している。

「男にしつこく言い寄られて困っていた」

   これに対し、証人尋問に立った妻は次のように真っ向から反論した。9月に映画を見に行ったのは「何回断っても毎日誘ってきて、1度一緒に出かければあきらめると言っていたので一緒に出かけた」

   そのとき香水をプレゼントしたのも、「私の香水が気になるようで、私の襟元や脱いだ制服の匂いをかいでいたので香水を渡せばもうされないと思った」。自宅に2度も行ったのは、「ストーかー行為を止めてもらうように説得にいっただけ」。家のカギを開けたのは「のどかな所で、たまたま開いていただけ」

   真相はやぶの中といった感じだ。では、当初、被告が単独の犯行を自供したのはなぜなのか。この点について被告は「妻の事実に反する言い分や(被告の)家族からの説得があったから」という。

   キャスターの小倉智昭「(妻が)すべてを否定したのなら分かるが、ちょっとアレと思う文言もありますねえ」

   宋美玄(産婦人科医)「裁判員の皆さんが双方の言い分を聞いても、真実を知りようがない。この日程で判断を下さなければいけないのは大変ですよ。水掛論みたいに言い合っているのを判断するのはどうかなとおもいますね」

   判決は3日後の22日に言い渡される。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中