大使館放火の3等書記官…カジノ通いで月100万円の高給パー!2200万円使いこみ

印刷

   警視庁は2日(2013年12月)、コンゴの日本大使館に勤務していた3等書記官を大使館に放火した疑いで逮捕した。大使館の金庫から2200万円が紛失しており、着服を隠すために放火した疑いがもたれている。本人はいずれも否定しているという。

大使以下日本人9人―人件費・経費など一人で管理

   現住建物等放火の疑いで逮捕されたのは山田真也容疑者(30)だ。アフリカ中部コンゴの首都キンシャサのオフィスビル3、4階にある日本大使館で、今年6月20日午後7時45分ごろ火災が発生し4階部分が半焼した。警視庁は大使館の出入りは厳しく制限されていることから、内部による犯行の疑いを強め捜査員を現地に派遣し調べ、山田が浮かんできた。火災発生直後、建物1階の防犯カメラに山田が退出する姿が写っていて、火災の2日前にガソリンが入っている段ボール箱を台車で運び込む山田の姿も撮られていた。

tv190644_pho01.jpg

   外務省も会見を開き、焼失面積は220平方メートル、物品などの損害は500万円だったことを明らかにし、「原因について調査したところ、会計担当の山田3等書記官が放火したとの疑いをもった。火災鎮火後、約2200万円相当の公金が消失していることが確認された」と発表した。

   大使館には大使のほか、参事官、1、2、3等書記官、理事官ら日本人9人がおり、現地採用の職員6人と合わせ計15人が勤務していた。会計を担当していた山田は、人件費、借料費、大使館の維持に必要な管理費など公金の口座を任されていた。

   外交評論家の小池政行氏は「通常、会計担当者が3か月に1度会計報告書を作成し、それを身内がチェックする仕組みになっており、あいまいな部分があったのではないでしょうか」と指摘する。

「基本給」約19万円、「在勤手当」47万円以上、「住宅手当」36万円以上…月100万円以上

   山田は新潟県出身で、9年前に公務員の専門学校から外務省に入省した。北米局の日米安全保障条約課、大臣官房総務課、バンクーバー総領事館を経てコンゴ大使館に赴任している。小池氏は山田の給料について、「生活環境が厳しいところだと在外勤務手当ては大きいのですが、使うところも使う機会もないし、もらう金額としては実質的には大変なものになる」という。

   試算すると、基本給は約19万円、一部地域で紛争が続いているコンゴなので在勤手当47万円以上、住宅手当36万円以上、月に合計100万円以上は支給されていたらしい。ところが、山田は複数の職員から借金をし、現地のカジノへ出入りする姿が確認されている。東京大のロバート・キャンベル教授がこんな指摘をした。

「コンゴの規模からすると2200万円もの現金が金庫に入っていたこと事態が異常だと思う。コンゴは資源の豊富な国で、在外公館は日本企業と現地との仲介や調整をしたりするので利権が絡む。そういう状況のなかで、過重な借金をする職員がそこにいるということ事態が問題ですよ。在外公館全体のあり方を見直さなければいけないのではないでしょうか」

   キャスターのテリー伊藤「大切なのは心構えですよ。日本を背負って外国で働くという」

   建前はそうだろうが、そうではないことや外交官がいるから不祥事が起こる。司会の加藤浩次は「ほとんどは心構えを持った人だと思う。ただ、今回起きてしまったんですからチェック体制を求めなくては・・・」とクギを刺していた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中