デヴィ夫人「平手打ち騒動」青くなったTBS!「制作会社丸投げ」と「ヤラセ疑惑」

印刷

   デヴィ夫人には2度ばかり会ったことがある。『週刊現代』編集長時代だからだいぶ前になるが、彼女が定宿にしていたホテルの部屋だったと記憶している。会った印象は気の強い女性だなという、ごく当たり前のものだった。無理もない。インドネシアの利権をもらおうと画策した政商たちのために、スカルノ大統領に『貢ぎ物』として差し出され、第三夫人にまでのし上がった「戦後の裏面史」を生きてきた人なのだから、生半可な女性ではない。

   スカルノ亡き後、インドネシアを離れ、日本に舞い戻ってきた彼女の心中はいかばかりであろう。だが、そうした怒りや哀しみを押し隠し、テレビのバラエティで『悪役』を演じ、怒りをぶちまけているのは、自分を『売った』祖国への恨みを晴らしているのではないか。彼女の出ているテレビを時々見ながら、そんなことを考えることがある。

   その彼女がまたワイドショーを賑わしている。番組出演中に出ていた素人の女性に平手打ちを喰らわせたというのだ。『週刊文春』を見てみよう。事件の舞台となったのは、バラエティー特番「奥様はモンスター2」(TBS系。1月15日午後7時放送)だった。

<「収録は一月九日、世田谷のレモンスタジオで行われました。司会はお笑い芸人ブラックマヨネーズの二人、ひな壇にはデヴィ夫人、西川史子、奈美悦子、吉本芸人トリオのパンサーらが並びました」(番組関係者)

   この番組にモンスター妻役として出演したのは、現役クラブホステスのA子さん(33)だ。

「彼女の設定は『女王様』。主夫の旦那はナンバーワンホステスの妻にかいがいしくマッサージをして癒し、妻がお茶と言えば深夜でもコンビニに走る。しかし、いくら尽くせど妻が浮気する……という再現VTRが流れた後で夫が現れました。いかにも尻に敷かれそうな気弱な男性です」(同)

   (略)ふてぶてしく座るA子さんは、ディレクターの指示通りに、デヴィ夫人に絡み始めた。「私もホステスやってますが、デヴィ夫人も赤坂の『コパカバーナ』にお勤めでしたね。どうやってインドネシア大統領夫人という玉の輿に乗れたんですかぁ?」

   小馬鹿にした言い方で挑発するA子さん。すると、デヴィ夫人の顔はみるみるこわばった。

   (略)その瞬間、デヴィ夫人は席を立ちツカツカとA子さんに歩み寄り、黙って右手を上げ、A子さんの顔めがけて振り下ろしたのである。右、左、右と三発食らわし、さらに四発目の拳を振り上げた時、飛び出してきたスタッフたちに羽交い締めにされた>(週刊文春)

相手女性の銀座ホステスもとんだ食わせもの!吹っかけた示談金1億円

   デヴィ夫人はそのまま帰ってしまったが、その後、A子さんは成城署に被害届を出し大騒ぎになったというのだ。デヴィ夫人が暴力を振るったのは大人げないが、このA子さんも相当したたかな女性であることが判明する。『フライデー』(2011年6月17日号)に、自民党のイケメン政治家・後藤田正純代議士(44)の不倫が報じられたが、その相手がAさんだったのだ。御曹司政治家を手玉にとったというのである。

   担当刑事がデヴィ夫人との示談を勧めたが、交渉は難航した。デヴィ夫人の知人はこう憤る。<「A子は示談金をふっかけ、なんと1億要求してきた。結局、両者は示談金二百万円で和解した」

   しかしことはそれだけでは収まらないと週刊文春は追及している。そもそも、この番組はヤラセだった可能性がきわめて高いというのだ。<「確かに二人は一時期恋人同士で、同居していました。しかし、番組がニ人に出演依頼した当時、すでに別れていました」(A子さんの周辺人物)>

   番組は「完全実話」と銘打って放送されているから、これが事実ならば「ヤラセ」である。さらにこんな証言もあるという。<「じつはA子さんに支払われた示談金二百万円の一部は、TBS側が負担しているのです。収録現場は制作会社に任せきりで、局側の担当者が不在だった。それが露見したら、もっと大きな問題になる。他局の芸能ニュースではこのネタでもちきりなのに、TBSでは完全無視なのはそのためです」(TBS関係者)>

   実話だと思って見ている視聴者をバカにした話ではないかと怒ってみても、テレビでは日常的に行われているのだから、腹を立てるだけバカバカしい。デヴィ夫人の暴力沙汰が起きなければ、こうした内情が知られることはなかったのだから。

田中将大ヤンキースで何勝できるか?試算してみると「松坂大輔より上、ダルビッシュより下」

   ヤンキースへ7年契約で年棒総額1億5500万ドル(約161億200万円)で移籍した田中将大が大きな話題を呼んでいる。だが、この金額に見合う仕事ができるのか。週刊文春は「ノルマは最低22勝」だとして、不安材料を出している。

   <昨年の日本シリーズでは第六戦で百六十球を投げた翌日にリリーフ登板するなど、田中の使われ方はメジャーでは考えられないものだった。昨年の登板回数は二百十二回。十九勝を挙げた十一年も 二百二十六回三分の一と二百イニングを超えたが、翌年は成績が十勝と大幅ダウンしているのが不安点の一つだ。加えてこの酷使による故障リスクを指摘する声も少なくない>

   スポーツ紙のベテラン記者がこう語る。<「アメリカでは年俸の安い選手は、ほとんど結果責任を問われない。しかし高年俸の選手はその報酬に見合った結果を求められ、ダメなら激しいバッシングに晒される。田中は1年目からこれまでの日本人選手が経験したことのない大きな重圧を背負ってマウンドに立つことになる」>

   また、田中お得意のガッツポーズはメジャーでは論外だともいう。<「ただでさえヤンキース戦はどのチームも闘志を燃やして向かってくる上に、この契約で田中はメジャーの打者の標的になるのは確実でしょう」(先のスポーツ紙記者)>

   では、どれぐらいの勝ち星が計算できるのか。私が試算してみた。メジャー入りした松坂大輔、ダルビッシュと比較してみる。松坂は西武に8年在籍、ダルは田中と同じ7年在籍してから大リーグへ移っている。通算成績は松坂108勝60敗、ダルが93勝38敗、田中が99勝35敗。防御率は松坂が2.95、ダルが1.99で田中は2.30。自責点は松坂が459、ダルが281、田中は336。三振奪取は松坂が1355、ダルが1250、田中が1238。被本塁打は松坂112、ダルが58、田中が66。完封勝利は3人とも同じ18である。

   移籍先のチーム力の違いを考慮に入れなければ、数字から見えてくるのは、田中の力は松坂よりも上だがダル(自責点1点台というのはすごい)よりも下ということであろうか。1年目に松坂は15勝、ダルは16勝しているから、15~16勝というのが妥当ではないだろうか。それよりも、25歳の若さでそれだけのカネを手にした田中の今後が心配ではある。

やしきたかじん安らかに眠れない「最後の嫁」と親族の確執

   さて、関西の超人気者だったやしきたかじんが亡くなったが、死後、親族間の確執が収まらないようである。週刊文春でやしきたかじんの親族が怒りを滲ませながら話す。

<「母親が死去を知ったのは報道直前の七日午後五時過ぎのことです。それもSさん(23歳年下の妻=筆者注)ではなくたかじんと前々妻との間の娘さんからの電話で知らされた。なぜ妻であるSさんから伝えられなかったのでしょうか」>

   たかじんの親友もこういう。<「たかじんさんの死を三日に知らされたのは、長年付き合いのあった弁護士、古くからの友人である大阪の会社社長、三十年来のマネージャー、そして前妻、たかじんさんと前々妻との間の娘だけだったというのです」>

   Sさんは、たかじんは生前「親族とは一生会わなくていい。絶対に呼ぶな」といっていたと話しているようだが、何か深刻な事情があったのだろうか。このSさんには葬儀のときこんなことがあったと、その親友が話している。

<「決定的だったのは遺骨が火葬炉から出てきた際のSさんの発言。彼女は遺骨を見るや、へらへらと笑って『うわあ?、焼きあがったマカロンみた~い』と言い放ったそうなのです。これには参列者全員が唖然としたそうです」>

   もしこの話が事実だとしたら、いささか首を傾げたくなるが。たかじんと親しかった北新地のママが複雑な思いを語っている。<「親族に死去の報が伝えられなかったことなどを聞くとやはりSさんに対する疑念は浮かびます。でも、彼女はじんちゃんに最後まで付き添って面倒みたことは事実。じんちゃんが最後に選んだ方やからエエ方やと信じたい。ただ、じんちゃんが最後に何を考え何を望んでいたのか、本当のことを知りたいですね」>

   親族の一人がこういう。<「たかじんの遺骨は大阪に戻ってきているようですが、親族は誰も確認できていません。未だに嫁から連絡一つよこさないというのは筋が通りません」>

   藤圭子の死後、元夫と親族とのゴタゴタが話題になった。有名人が死に、残す遺産が多ければ多いほど、本人の死後もめることが多いようだ。早くスッキリさせないとたかじんも安らかに眠れまい。

小泉純一郎元首相「生き別れの三男」と和解…孝太郎・進次郎が段取り

   都知事選は勝てる見込みが少なくなってしまっている小泉純一郎元首相だが、私生活では生き別れていた三男と和解をしたようである。目出度い。三男とは、生まれてくるその姿を見ることなく、32年前に生き別れている。

   かつて小泉氏と結婚し、別れた妻の恭子さんと三男の前田聡氏(仮名)にインタビューしたジャーナリストの松田賢弥氏がこう語る。<「小泉氏は七十八年一月に、十四歳下の恭子さんと結婚しました。媒酌人は時の総理だった福田赳夫氏です。

   式を挙げる頃には恭子さんはすでに身ごもっており、七月に誕生したのが、孝太郎氏です。三年後の八一年四月には、次男の進次郎氏が誕生。しかし翌八二年には二人は離婚します。

   その時、恭子さんは妊娠六ヵ月で、お腹にいたのが聡君でした。当時小泉氏は『君子、去る者は追わず、来る者は拒まず、だ』と言い放ったといいます」>

   長男と次男は小泉家に引き取られ、小泉氏の姉や家政婦の手で大事に育てられた。一方、恭子さんは女手一つで聡さんを育てたが、並大抵の苦労ではなかったはずだ。離婚後、母と三男は小泉家の敷居をまたぐことを許されず、小泉氏が三男に会うことも、恭子さんが孝太郎氏や進次郎氏と会うこともなかった。

   その三男が昨年11月に結婚式をあげ、意外なことに、そのお祝いの席には純一郎氏も出席していたというのである。孝太郎と進次郎が話し合い、以前から三男と会っていたという。その後、そこへ純一郎氏も顔を出すようになったそうだが、なかなかいい話ではないか。

「初体験」早い青森。正常位好きの北海道。早漏トップ宮城、遅漏な千葉…

   最後に『週刊ポスト』の軟らかい記事を紹介しよう。一般社団法人日本家族計画協会・家族計画研究センター所長の北村邦夫医師がコンドームメーカー・ジェクスの協力のもと、「ジャパン・セックス・サーベイ2014」を実施したそうだ。なかなか興味深い。

   10代での初体験率は1位が青森県、2位高知県、3位新潟県で、最下位は山形県になっている。正常位を最も好む割合は1位が北海道、2位が沖縄県、3位は徳島県で、最下位は岡山県だ。

   挿入時間が3分以内、いわゆる早漏県は1位が宮城県、2位が群馬県、 3位が沖縄県で、最下位は千葉県。千葉県が遅漏県ナンバー1ということか。オーガズムを感じたことのない女性が多いのは、1位が富山県、2位が意外にも東京都、3位が鹿児島県で、最下位は徳島県だという。

   性感染症予防にコンドームを使用するのは1位が福島県、2位が東京都、3位が神奈川県で最下位は北海道となっている。

驚きの写真がない写真週刊誌『フライデー』頑張ってくれよ

   『フライデー』を何とか取り上げようとして新聞広告を見てみたが、手にとらせる力が今ひとつない。「滝川クリステルと小澤征悦 老舗そば屋で『大人の恋』」というのは多少引きはあるが、右の大特集が「アベノミクス最後の砦『株価と景気』崩れ始めた」では買う気にならない。

   一般週刊誌と同じものをフライデーで読みたいと思うだろうか。写真週刊誌は「写真」で勝負しなくてはならないはずである。私がフライデーの編集長になったとき、株価が上昇している記事を作ってくれと部員に頼んだことがある。彼は「そうしたことを表す写真がありません」と答えたので、「何でもいい。札束が写っている写真でも載っけたらいい」と強くいったら、「うちは写真週刊誌です」といい返され、自分の不明を恥じたことがあった。

   アベノミクスに翳りでも特定秘密保護法反対でもいいが、できるだけ驚きのある一枚写真で見せてほしいものである。頑張れフライデー!

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中