向井亜紀、結腸がん!夫・高田延彦「術後の経過は良好。みるみる体力を取り戻しています」

印刷

   タレントの向井亜紀(49)が昨年(2013年)夏にS字結腸がんの手術を受けたと、4月24日(14年)発売の「女性セブン」で明かしている。向井は00年に妊娠とともに子宮頸がんが発見され、子宮を全摘出していた。

   夫のプロレスラー・高田延彦(52)はツイッターで「幸い我々の年中行事である定期検診が功を奏し早く発見出来た事で、いまは主婦業&仕事と元気にやっております」と報告している。「病は早けりゃ早い発見に越したことないから。私も臆病だからまめにやってます。あの時ちゃんとやっとけば……なんてならないように!」と呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中