『桂歌丸』高座復帰!円楽は合掌、小遊三「もう、生きてるのがやっとで…」

印刷

   慢性閉塞性肺疾患と肋骨骨折で入院していた落語家の桂歌丸(77)がきのう1日(2014年5月)、1か月ぶりに高座に上がった。新宿・末廣亭に着いた歌丸は危ない足どりで、「座ってしゃべるのはいいんですが、歩くのがつらいんですよ」という。もともと痩せているから、そうやつれた感じもないのだが、足がどうもいけない。日本テレビ系『笑点』の仲間の三遊亭円楽(64)に手をひかれて登場した。 座布団についたところで、円楽が後ろから合掌して笑いをとって逃げていった。

「やっぱり親切心じゃなかったんですね」

   病気のことも織り交ぜながらたっぷり30分語った。

「77歳。まだ折り返し点だよ」今月末から『笑点』収録

   同じ寄席に出ていた三遊亭小遊三(67)は「普段頑健な人が入院というと、えっ、どうしたのってびっくりするけど、師匠は生きてるのがやっとで、70何年間やって、それがちょっと休養したという感じで」などと、これも笑点仲間のお祝いだ。

半分死んでる

   森圭介アナ「30分という大ネタでした。笑点にも今月31日の収録から復帰だとのこと。いま77歳で、これが折り返し点だそうです」

   キャスターのテリー伊藤「この歳になって戻る仕事場があるというのは幸せだね。普通だったらないよ」

   森「来年が笑点の50周年で、それまではやりたいとおっしゃってます」

   テリー「もう半分死んでるんでしょ」(爆笑)

   笑いのネタなら、何をいってもいい世界らしい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中